イタリアのサービス&トイレ

私がイタリアに旅行中、日本ではイタリアへの旅行者が減っているという記事が載ったそうだ。
確かに、日本の過剰気味なサービスに接している身には、イタリアのホテルや店員のそっけなさには、驚かされた。男性は知っている片言の日本語を話してウケをねらっている風だったが、女性は呆れるほど愛想がない。何故なんだろう? 
記事には「殿様商売」とあるが、過去の遺産で十分食っていけるなら、ほかのことに金を使うことはしたくないということなのか。ぼったくりのレストランがニュースになったが、私は、ひどい対応のレストランで食事をするハメになった。コップとフォークがプラスチックだったのである。
ツアーの団体客ではあるけれど、ほかの店ではこんなことはなかった。他の人の話では、ワインもそのコップで飲むことになったので抗議をしたら、ちゃんとしたグラスをもってきたという。
言われなければわからない鈍感さが不快だ。娘が友人といったときもそういう店があったと聞いた。
その友人は、いろんなことが重なってイタリアには二度と行きたくないといっているそうだ。
私は、気に入ったところにはまた行きたいと思っているけれど…。
こういう国だと分かれば、そういう覚悟で行けばいいのだと思う。

私が、イタリアで一番驚いたのはトイレ。日本のようにココを押せば水が出るという表示は一切ないのである。
最初に泊まったホテルでは、どうやって水を流してよいか分からず困った(^^;)。結局、友人や隣室の方のお世話になって、やっと分かったのだけれど、それ以後は、トイレに入るとまず水を流すところを確認するようになった。大体、便器のかなり上のほうにあるボタンを押すといい。
そして、一番嫌だったのが、トイレに紙を流してはイケナイといわれたこと。
最初に「?」と思い、「ハァ~」である。古い建物は昔のままの下水管らしく、団体客がいっせいに紙を流すと詰まってしまうのだそうだ。トイレに入ると、大きなポリバケツが無造作に置かれていて、蓋もないところが多かった。そこに使用済みの紙が入っているのを見ると、ますます嫌になった。
そして、便座のない所や個室が少ない所、汚いトイレ(ナポリの港はひどかった)など、トイレの不満はかなりあった私。しかし、帰ってから調べてみたら、こんなトイレブログを発見。ここにでてきたトイレはみんなきれいで驚いた。場所が違うと、トイレのタイプも違うのかな。
ただ、トイレの個室が完全に密室状態で、手を洗うところには石鹸と手をふく紙が用意されていたのは、かなり便利だった。

ホテルには、便器の横に必ずビデがあった。d0129295_1525514.jpg
このビデを洗濯するところといっていた人がいて笑ってしまった。
日本のように一つにしてしまうと便利なのにね。












カプリ島には大勢の人がいたが、公衆トイレ(0.50ユーロ)の女性用個室はたった2つだった。
d0129295_1534262.jpg
by mint-de | 2009-07-27 15:09 | 社会畑

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de