碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「LOST」 第89話(5-3)

「ジャグヘッド」

<脱出3年後のデズモンド>
船上暮らしのデズモンドは、ファラデーの「記憶」による依頼を受け、オックスフォードへ行く決意をする。
デズとペニーには、チャーリーという(デズモンドのチャーリーに対する思いが伝わってくるね)2歳になる男の子がいた。ペニーは、デズモンドがいつか島に戻るのではと不安に思っているので、島に関わることはしてほしくなかった。その気持ちがわかっているデズモンドは、島にいるみんなを救えるのは自分だけだといい、ファラデーの母親を捜すだけだといって出かけて行く。

しかし、デズモンドがオックスフォード大学で名簿を調べてもらっても、ファラデーという名前はなかった。
かつてのダニエル・ファラデーの研究室で、デズモンドはファラデーと一緒に写っている女性の写真を見つける。その女性のもとを訪れたデズモンドは、彼女がべッドで寝たきりの状態であることを目にする。そして、彼女の姉の言葉に驚く。ファラデーは音沙汰なしだが、彼女の介護の援助をしているのはウィドモアだというのだ。ファラデーの研究を援助していたのはウィドモアで、寝たきりの女性はファラデーの実験による被害者らしい。デズモンドは、早速、ウィドモアを訪ねる。ウィドモアの質問は一切無視して、デズモンドはファラデーの母親の居場所を聞く。彼女はロスにいるらしい。ファラデーが母親の居場所を知らなかったというのが謎。長期間、連絡できないところにいたということ? 先週ベンが訪ねていた女性が母親なのかも?

船に戻ったデズモンドは、ウィドモアに娘を危険に巻き込むなといわれ、ペニーをこれ以上心配させたくないという思いから、母親は亡くなっていたとウソをつく。でも、ペニーは、そのウソを見抜く。そして、一緒にロスに行くという。ペニーは、デズモンドの自分達家族を愛する気持ちをちゃんと理解し、デズに協力することが、デズのためになると判断したのだと思う。この二人の愛の絆は本当に強いと思う。他のカップルたちも少しはみならうといいのにね(笑)

<島>
攻撃されて川に向かって逃げていたファラデーたちは、捕まってしまう。銃を向ける女性(エリー)は、ファラデーに「やはり戻ってきた」という。そして、テントを張った彼らの陣地には、あのリチャードがいた。彼らはアザーズのかなり昔の時代の仲間らしい。リチャードは、ファラデーたちを米軍の関係者だと誤解していたが、そのままのほうが安全だと判断したファラデーは、放射線ヤケドを負っている人間と、アレの後始末という言葉を聞き、自分は科学者で水爆を不活性化してやると切り出す。後の話を総合すると、米軍がやってきて水爆装置を置いてしまったらしい。リチャードたちの出て行けという指示に従わなかったので、命令により18名を殺してしまったとか。米軍より強いアザーズって、スゴイね。ファラデーはここにいるシャーロットを愛しているので、水爆を爆発させたりはしないから、自分を信じてほしいと訴える。リチャードは、その言葉に、ファラデーに任せることする。エリーに監視されながら、装置をみていたファラデーは、水爆に亀裂を発見。鉛で塞ぐ必要があり、それから地下に埋めるのが一番だというが、エリーはその言葉を信じようとしない。エリーは、米軍だとは思っていない、一体何者なんだとファラデーに問い詰める。ファラデーは、その問いに、事実を話す。50年後からやってきたと。そして、その間、水爆は爆発していないと。

一方、ロックに助けられたソーヤーとジュリエット。捕らえた若者の二人は、ラテン語で会話をする。それを聞いたジュリエットは、彼らがアザーズだと判断し、リチャードのところへ連れていけとラテン語でいう。彼らはそれに応じたが、一人がもうひとりを殺して逃げてしまう。ロックたちは彼のあとを追い、リチャードたちの陣地にたどりつく。ロックは、そこで、さきほど逃げた若者がウィドモアだと知る。ウィドモアに挨拶するロックがおかしい。ジェイコブの遣いだといってリチャードを信用させたロックは、自分がリーダーだという。リーダーは、子どものときから特別に選ばれるというリチャードに、ロックは今(1954年)から2年後に自分が生まれるから訪ねてこいという。そして、なぜ自分がリチャードを知っているかを話し始める。リチャードがロックの傷の手当てをし、自分のコンパスを見せろといったこと、そして大切な仕事をするために島を出ること。ロックが、その島を出る方法を教えてくれといったとき、また閃光が起きる。閃光が消えると、テントもリチャードたちも消えていた。そして、シャーロットは、血を流して倒れてしまう。

リチャードは何度も島を出入りしているのだから当然知っているのだろうけれど、何故か、ロックに教える前に時間が移動してしまう。3度目の正直で、次はうまくいくかな?(^^)
時間移動の話は、頭が混乱する(^^;) 移動している人間は過去を理解できるけれど、その時代に生きている人間は、その時のことしかわからないということなんだよね。ウィドモアより、リチャードのほうが高齢だということだけれど、この人、気味悪いな。これだけ生きているのに、力はあんまりなさそうなのが不思議。
by mint-de | 2009-08-11 14:10 | 海外ドラマ(LOST) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/10091401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。