八木重吉の詩から⑥  「秋の かなしみ」 

わがこころ
そこの そこより
わらいたき
あきの かなしみ

あきくれば
かなしみの
みなも おかしく
かくも なやまし

みみと めと
はなと くち
いちめんに
くすぐる 
あきの かなしみ

 

d0129295_13142725.jpg

by mint-de | 2009-10-03 19:29 | 詩と言葉から

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de