「LOST」 第101話(5-15)

「リーダー」

<島・1977年>
ファラデーがエリーに撃ち殺された後で、ジャックとケイトも捕まってしまう。ジャックは、ファラデーが考えていたことを実行すれば、815便は墜落せず、島で亡くなった人間も死なずにすみ、悲惨な過去も消えると、水爆を爆発させることに大乗り気。しかし、ケイトにとっては、島での出来事はジャックとのことも含めすべてを否定したい気持ちではないので、そのジャックの意見に複雑な表情を見せる。
エリーは、過去にやってきて水爆を埋めろといったファラデーが、自分の息子かもしれないと信じる気持ちになっていた。ジャックはそのエリーに説明する。理解しがたいだろうけれど、ファラデーの日記の記述に従えば、彼は死なない、こういう事態は起きないと。エリーは、息子を殺したことにならなくなるジャックの話に頷き、ジャックたちを水爆を埋めた場所へ案内することに。途中でケイトが戻ると言い出したので、同行している男に撃たれそうになるが、隠れていたサイードが、その男を撃ち殺してしまう。

サイードは、ジャックの過去の3年を消すという話を聞きながら、自分が撃ったベンが生きていることを知らされる。なぜベンを救ったのかというサイードの問いに、子どもを救うのは当然のことだと思っていたケイトは怒りだし、ファラデーが間違っていた場合、水爆を爆発させたら島にいる全員が死ぬかもしれないのだと反論する。しかし、ジャックは、飛行機のなかで消えてこの時代に落ちてきたことを、ロックさん同様、運命と考えているらしく、こうするためにきたのだとまでいいだす。ケイトはその言葉に呆れて、戻ってみんなにあなたを止めてもらうといって帰っていく。

水爆の場所へは、結局、エリー、リチャード、ジャック、サイードの4人で行くことに。池を潜り、着いた地下道は、ベンが裁きを受けたところと同じような場所。この上にダーマの村がある。サイードは、エリーはダーマの壊滅をねらっているだけかもしれないと疑うが、ジャックは30年後に島に戻る方法を考えてくれたエリーを信じているという。水爆を前に「次は?」と聞くエリー。
本当に、これを爆発させるのだろうか? その後、どんな世界が待っているのだろう?

一方、ソーヤーとジュリエットは捕らえられ、ケイトの居場所を聞かれる。ラジンスキーはソーヤーを痛めつけるが、ホレスはソーヤーに同情的。潜水艇の乗客名簿にジャックたちの名前がなかったことから、みんな仲間だとばれてしまう。

ハーリーは、なんとかソーヤーたちを助けたいと思っているが、マイルズはそんなのは無理だと諦めている。ソーヤーだったら、なんとかするのにとハーリーが悔しがっているところへ、チャン博士がやってくる。未来からきたというのは本当かとの問いに、最初は違うといっていたハーリーだったが、大統領の名がいえなくてばれてしまう。チャン博士は、息子のマイルズに避難させたほうがいいのかと聞く。俺ならそうするというマイルズの答えに、チャンは警備室へ。重要職を除いて潜水艇で避難しろというチャンに、ラジンスキーはスワンの掘削の続行を指示する。ソーヤーは、自分も潜水艇に乗せてくれたら、知りたいことを話すといって、ジュリエットと共に、潜水艇へ。こんなことになるなら、3年前に潜水艇に乗ればよかったというソーヤーに、残ってよかったというジュリエット。お互いの愛を育んだ3年間は、それなりに幸せだったのかもしれない。しかし、そこへ捕まったケイトも入れられ、ソーヤーの表情が変わる。2人を見て、ジュリエットは何かを悟ったようだ。

潜水艇は出航した。3人は、島を離れてしまうのだろうか?

<島・2007年>
ロックは、リチャードたちのキャンプ地にいき、リチャードをある場所に誘う。サンは、リチャードにあのダーマの記念写真を見せ、ジャックたちを知っているか尋ねる。リチャードは30年前に島にいてみな死んだと答える。
(このリチャードがいた30年前は、ジャックたちはいないはずだけど、疑問をいいだしたらきりがないのでやめておく^^)

サンは、死んだという話にショックを受けるが、ロックは努力は報われるはずだと慰める。
ロックは、リチャードとベンを連れて、自分がイーサンに撃たれた小型機のそばにいく。そして、イーサンに撃たれた脚の弾をリチャードに取ってもらった場面の再現を、ベンと共に見る。なぜ今だとわかったのかと聞くベンに、島に教えてもらったと答えるロック。

そして、その後すぐに、ジェイコブのところへいくというロック。とにかくロックは、人が変わったように自信たっぷり。そんなロックにリチャードは驚くが、自分がリーダーだというロックに、リチャードもベンも従う気になっている。ロックは、キャンプに戻ると、皆に向かって演説。ジェイコブの命令に従っているらしいが、誰もその姿を見たことがない。秘密なのは理由があるからだろう。でも自分は納得できない。どんな男か知りたいから、リチャードが案内してくれるので、みんなも一緒に会いにいこうと。そうして、みんなはジェイコブのもとへ向かうことになった。

ベンは、ロックと歩きながら話し、驚愕する。
ロックの目的は、仲間を救う方法をジェイコブに尋ねるのではなく、彼を殺すことだった!
ロックさんは、一体何を考えているのやら?
このナゾに満ちた島で、さらにナゾのジェイコブを殺してしまったら、ナゾ解きはできなくなってしまうのでは?
いろんなことがわかるようになったロックにとって、ジェイコブは敵でしかなくなったのだろうか?
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/10435448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2009-11-09 14:20 | 海外ドラマ(LOST) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de