碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「Life 真実へのパズル」 第16話(2-5)

「ネットの向こう側」
今回は、タイトルそのままの、ネットの世界に身をおきたかった女がテーマ。
車の解体工場で、車ごとつぶされてしまった男マイクの事件を捜査していたクルーズとリースは、マイクが、パソコンのオンライン・デートが原因で殺されたと考える。
最初は、同僚のロブも同じ女性とやりとりしていたので、ロブを疑ったが、ロブは犯人を知っていたけれど愛されたいが故に、かばっていただけだった。

クルーズは、相手の女性がベサニーという女子学生だと突き止めた。しかし、実際にチャットでベサニーと名乗っていたのは、彼女の母親だった。娘を知ろうとしてパソコンをのぞくうち、自分がはまってしまい、マイクにテニスウェアを着て会いにいったが、その姿を笑われたので、カッとなって、ラケットでなぐってしまったという。
母親も寂しかったのだろうね。現実よりもネットのなかに身をおきたかったなんて…
バーチャルな世界は、バーチャルなままで終わらせる。それが身のためだと思う。

ティドウェル警部は、ネットにはまる人間が理解できないみたい。リースに疎まれているというのがわかってなくて、ちょっと時代遅れな刑事みたい(笑)
アーリーは、ビジネススクールの講師になったものの、受講者は3人だけ。パソコン持参の彼らに、まず鉛筆を持てといったけれど、何をいいたいんだろう? 今回のテーマは、パソコンに頼りすぎるなってことかな?

クルーズは、「6人が5人になり、簡単に4人になる」という、ナゾの言葉を解明すべく、ジャック・リースの警察学校の同期生の写真を手がかりにして、自殺したジェームズ・ダンの未亡人を訪ねる。妻は、年金をもらうために、自殺ではなく事故だったことにしたという。そして、写真に写っていた一人がミッキー・レイボーンだと話す。

クルーズのもとに、レイチェルが話しているという連絡が入る。駆けつけたクルーズは、レイチェルがジャックと笑いながら話をしているのを見る。クルーズは盗聴した内容を話し、助けてやるというが、ジャックは、クルーズが出所してから尻拭いばかりしているといって、全然動じない。そして、ジャックはレイチェルを守っているという。確かに、守っているように見えるし悪人ではなさそうだけれど、ナゼ、クルーズに真実を教えようとしないのだろう?
by mint-de | 2010-01-26 15:14 | 海外ドラマ(H~N) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/10703030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。