しょっぱい人間

今朝のNHKのニュース番組で知った「水中毒」。
水にあたることかと思ったら、全然違った。
マラソンやジョギング中に、大量の水を飲むと、体内の塩分濃度が薄くなって、意識障害をおこす場合があるという。汗で塩分が失われているのに、水ばかり飲んでいると、どんどん濃度が薄くなってしまうのだ。人間の血液の塩分濃度は、みそ汁くらいなのだという。血って、意外としょっぱかったんだ!
ドラキュラさんも、血はなかなかの味だと思っていたのかも(笑)
走る人たちは、脱水症状にばかり気をとられずに、塩分にも注意してほしいといっていた。
水の大切さは知っていたけれど、塩分までは知らなかった。
これからは、しょっぱい人間を目指そうかな(^^)
料理の味も、微妙な塩加減が味を左右する。
「味のある人間」になるためには、「塩」が決め手になるのかも!(笑)
by mint-de | 2010-02-12 19:45 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de