「恋するベーカリー」

「恋するベーカリー」 (2009年 アメリカ映画 監督ナンシー・マイヤーズ)

中年おばさんとおじさんのロマコメは、「笑い」が、ちょっと情けないかも(笑)。
でも、とにかくメリル・ストリープの笑顔が素敵だった。彼女が笑っていないシーンは、ほとんどなかったのではないかと思えるくらい、よく笑っていた。人生を楽しんでいる輝きが感じられた。

ジェーンは、バツイチではあるけれど、三人の子どもを育て上げ、ベーカリーの経営も順調で、家の改築も計画中。そんなとき、息子の大学の卒業を祝うためにでかけたニューヨークのホテルで、元夫のジェイクと偶然会ってしまう。10年前に夫の浮気が原因で別れた二人。ジェイクはその浮気相手の若い女性と結婚しているのだが、なぜか、ジェーンに言い寄ってくる。酒の勢いもあって、一夜を共にする二人。
ジェーンは、相手が元夫とはいえ、不倫をしていることになるので、罪悪感を覚え、元夫と関係をもってしまった自分にも戸惑う。ジェイクはそういう「前科」があるので、全然気にしていないし、結婚生活がうまくいっていないこともあって、ジェーンに猛アタック。そこに、家の改築を担当する建築家のアダムも加わり、三角関係の恋へ…

離婚した元夫婦の気持ちというのは、よくわからないけれど、愛情が残っていたりするのだろうか?
ジェーンが、ジェイクとこういう関係になること自体、私には不可解。ジェイクのような男は常に女がいなければダメなタイプで、ただのわがまま男に見えてしょうがない。あんなに太ってしまったアレック・ボールドウィンが演じていたので、なおのことそう思ってしまうのかも(笑)。「ゲッタウェイ」の頃は、まだ格好よかったのにねぇ…

ジェーンは、不本意な形で終わってしまった結婚生活を、自分の意思でしっかりと終わらせたかったのかもしれない。10年たって、やっと自由な気持ちになることができたのかも。彼女の人生は、これから。
素敵な恋をして、もっともっと輝いて!っていう中年おばさんのための映画だったのです(^^)
とにかく笑えます!
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/10806566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2010-02-25 14:52 | シネマ(あ~そ) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de