碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「裁かれる判事」

テンポがよくて緊張感に満ちた、とても面白いドラマだった。
ミスチャンで、先週と今週の2回にわたって放送された、2001年制作のアメリカのドラマ。
原作は、1996年に集英社文庫からでている。原作者は法曹関係者だけあって、法廷でのやりとりがとても上手くて、引き込まれてしまった。
厳しい判決を出すことで知られる判事が、買春の容疑をかけられた上に殺人の疑いで逮捕されてしまう。
弁護を依頼されたのは、その判事と対立していたポール。ポールは乗り気ではなかったが、共に「正義」を求める同じ人種だという言葉に、判事の弁護を引き受けることに。
なにしろ汚職警官や証拠を捏造する警官が相手。
敵はいろいろ仕掛けてくるので、気が抜けない。
ポールたちに、勝ち目はなさそうだったが、最後は、悪事が明らかになる。
警官や検事が悪党だったら、とっても怖いと思った。
ラストの乾杯のシーンがよかった。
by mint-de | 2010-03-27 00:24 | 海外ドラマ(S~U)