「WITHOUT A TRACE」  第98話 (5-4)

「あなたのために」
少年保護センターから、禁固18か月の刑に服していたマリアが失踪した。
マリアは危険運転をして、同乗していたボーイフレンドを死なせ、姉のクレアの恋人チャーリーに重傷を負わせていた。センターの警備員が、受刑者の女の子たちに売春をさせていた話には驚いた。なんてひどい警備体制の施設なんだろう。マリアは、その警備員に頼んで外出してから行方不明になっていた。

捜査の結果、マリアは、ドラッグの売人のダグという男と会っていたことがわかる。姉のクレアがドラッグをやっていることを知ったマリアは、ダグにもう近づくなといいにいったのだ。そのダグは意外な事実を口にする。運転して事故を起こしたのはクレアだったと。マリアは、大学にいくクレアのために、自分を犠牲にしたのだ。マリアは、自分のほうが子どもなので罪が軽くなるから、自分が運転していたことにしようと、自分からいいだしたのだという。

マリアは、チャーリーが倉庫に監禁していた。マリアは、クレアたちの部屋を訪れ、クスリ漬けの姉を見て、もう代役はやめるべきだと悟ったのだが、体の不自由なチャーリーはクレアがいなくては困るので、マリアを黙らせようと思ったらしい。
マーティンは、マリアを見つけた。そして、クレアを、妹と病院に行くのではなく、罪を償うべくFBIの車に乗せる。

妹の思いを無駄にしてしまったクレアには、やはり罪の意識がずっとあったのだろう。だからドラッグに走ったのかも。自分から罪をかぶる妹のほうがしっかりはしてたけれど、犯罪の「代役」は、するべきではないですね。事故で死んでしまったボーイフレンドのお父さんの話は、切なかった。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/10915087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2010-03-30 15:51 | 海外ドラマ(V~Z) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de