碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『ラスト・チャイルド』

『ラスト・チャイルド』 (ジョン・ハート 東野さやか訳 ハヤカワ・ミステリ文庫)

感動的なミステリ小説だ。
失踪した妹を捜す少年の一途な思いと孤独感に、全編に漂う切なさに、胸打たれる。

ジョニーは13歳。双子の妹アリッサは1年前から行方不明だ。母キャサリンはアリッサの失踪を、娘を迎えにいかなかった父のせいだと父を責め続け、その後父も突然姿を消した。生きる気力をなくしたキャサリンは、酒と薬に溺れ、町一番の実業家の愛人になってしまう。ジョニーは、昔の幸せな家族の再生を願い、母が薬をやめることを願い、ジョニーに暴力を振るう母の愛人が死ぬことを願った。
ある日、ジョニーは、橋から転落する男を目撃し、その男が瀕死の状態で、連れ去られたあの子どもを見つけたという言葉を聞く。それが妹のことだと確信したジョニーは、一人で捜す決意をする。
母が信じていた神はなにもしてくれない、周りの大人も刑事も役立たずだ。ただひとつジョニーが信じていたもの、それは黒人とインディアンの混血の奴隷を解放するために尽力した彼の高祖父だった。

ジョニーが偶然出会った黒人の巨人フリーマントルが、解放された奴隷の子孫で、最後にジョニーを助けるシーンは、「奇跡」といっていい。フリーマントルという「自由な外套」を意味する名のように、彼は不思議な力をもった人間として描かれている。「神の力」については、私にはよくわからないけれど、理不尽な出来事に翻弄されてやりきれない思いをすることがあっても、「奇跡」のように救われたり、幸せを感じることはできる。ジョニーが親友だと信じていた友に裏切られても、また親友だといういうことができたように。

ずっとアリッサの事件を捜査している刑事ハントの優しさも、印象的だ。捜査にのめりこみすぎていると仲間に忠告されても、アリッサの無垢な美しさに打たれたのか、キャサリンへの思いからか、ハントは、異常なまでにジョニーと母の面倒を見たがる。ハントの家族もバラバラなのに…。
再生への予感に満ちたラストもよかった。
by mint-de | 2010-04-13 10:40 | 私の本棚 | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/10961171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。