碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

スカーフを被る

電車のなかで、スカーフを被ったイスラム圏の女性たちを見かけた。
暑いのに、よく被っていられるなあと驚き、その信仰心に感心する。
私は、イスラム教のことはよくは知らない。
でも、女性に対する教えには納得できないことが多く、イスラム圏に生まれなくてよかったという思いしかない。
いつでも身につけていなければならないということに、本当に抵抗はないのだろうか? 
ここは日本なのに、知っている人がいなければ、どこの国の人かわからないのだから、ちょっとだけ被らないでいようかなどと思ったりしないのか?
信仰心のない私には、そこまでする気持ちを理解するのは難しい。
でも、彼女たちのスカーフに縁取られた彫りの深い顔を見ていると、宗教を拠りどころとした律した生き方に、美しさを感じてしまうのも事実。
彼女たちには、肌を露出した服を着て座席に座る日本の女性たちは、どんな風に見えているのだろう?


d0129295_19233025.jpg
by mint-de | 2010-07-02 19:25 | 社会畑