「瞳の奥の秘密」

「瞳の奥の秘密」 (2009年 スペイン・アルゼンチン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ)

見終わった感想は、サスペンス映画というより愛についての映画だと思った。
愛する人間を失った者は、その不在にどのようにして耐えるのか?
愛する人がいるのに、愛を告げられないばかりに虚しい日々を送る者は、何をすべきなのか?

裁判所を定年になったベンハミンは、25年前の殺人事件にもとに小説を書き始める。
そのことを伝えに、ベンハミンはかつての上司イレーネのもとを訪れる。
イレーネと話すうちに、ベンハミンは自分がずっと隠してきたある感情に気付くのだった。

25年前の事件の被害者の夫リカルドは、事件後、犯人と思われる男を捜すため、市内の駅を回って男を見つけようとしていた。その夫の姿に打たれたベンハミンは、諦めていた事件を再捜査する。だが、男を逮捕したのに、テロリストの情報と引き換えに男は釈放されてしまう。
その時代の政情もあって、犯罪者の逮捕も釈放もかなりいい加減だったようだ。ベンハミンは正義を貫くタイプだったが、こういう時代に司法機関で働く者はかなり虚しい気持ちになっただろう。

犯人には死刑になるより生きて罪を償わせたいといっていたリカルド。
ラストの展開は衝撃的だが、そこまでするリカルドの気持ちを思うと、心打たれるシーンでもある。それを見たベンハミンは、やっと「不在」の意味と、自分がすべきことに気付いたといえる。
事件と愛の話を絡ませ、昔を回想するという構成が、作品をより印象深くしているような気がした。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/11775374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2010-08-26 00:41
タイトル : 映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない感性を発見して面白い。 この映画では、  「アルゼンチン流、怨念」  「アルゼンチン流、友情」  「アルゼンチン流、愛情」  「アルゼンチン流、ストーリーテリング」             などを感じることができ、大変新鮮だった。 つまり一言でい...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2010-08-29 22:12
タイトル : 瞳の奥の秘密
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 本年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 本国のアルゼンチンでは34週間というロングランの大ヒットを記録。サスペンスとロマンスが入り混ざった物語。 25年前の残虐な殺人事件と秘めた愛を忘れら...... more
Tracked from アタマにシャンプー、コ.. at 2010-08-31 22:51
タイトル : 「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画  
☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだ... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-09-15 06:20
タイトル : 瞳の奥の秘密
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼らが昔携わったことのある殺人事件の物語との二つが絡み合うように描かれています。  裁判所を定年退職したベンハミンは、時間的な余裕が出来たことから、25年前に取り扱った殺人事件を基に小説を書こうとし、そのことをやはり25年ぶりに再会したイレーネに告...... more
by mint-de | 2010-08-20 15:48 | シネマ(た~ほ) | Trackback(4)

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de