無罪判決

郵便不正事件で起訴されていた厚労省元局長の村木厚子被告に無罪判決がでた。
私は一連の報道をみていて、とても「怖い」と思っていた。
事件にかかわっていなくとも、証拠がなくとも、逮捕され、拘置所に入れられ、裁判で裁かれてしまうのだ。
村木さんは逮捕されてから、一貫して否認。元部下らも取り調べでは元局長の関与を認めたものの、公判では否定し、地裁は供述調書の大半を証拠採用しなかった。
それでも検察側が求刑したことに驚いていたが、以前の記事で、村木さんが「検事の作文」といっていた内容に、私は憤りを覚えた。本人が違うといっても「やったんだろう」という推論でおしまくり、自分が考えたストーリーで事件を作ってしまうなんて、そんなことが許されてしまうなんて、とても恐ろしいことだ。
検察側はまだ控訴という手段もあるので、これからどうするのかはわからないけれど、これ以上、検察への不信感を広げないでほしいと思うばかりだ。
by mint-de | 2010-09-10 14:46 | 社会畑

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de