「LOST」 第115話(6-12)

「ヒューゴの導き」

<ロサンゼルス・Flash sideways>
ハーリー(ヒューゴ)は、チキンの店を世界展開しつつ慈善活動も積極的にやっていて、寄付をした自然史博物館からは「今年の顔」に選ばれる(授賞式の司会がマイルズの父のチャン博士)。社会的には立派な息子でも女性とは縁遠いことを心配した母親は、ある女性とのデートを計画。ハーリーがお店で待っていると、相手はなかなか現れなかったが、一人の女性が声をかけてくる。

ハーリーは会った覚えがないのに、リビーと名乗るその女性はハーリーの手を握り、以前会った、心が通じあう運命の人の存在を信じるかと聞くのだった。ハーリーは、リビーが精神病院の患者だったことから、彼女の言葉を信じる気にはなれなかったが、なぜか彼女のことが気になるのだった。あるとき、ハーリーが自分の店に入り席に座っていると、デズモンドが話しかけてきた。デズモンドは、同じ便に乗っていたといい、ハーリーが頭のおかしな女性の話をすると、気になるのだったら確かめたほうがいいいと会うことをすすめる。

ハーリーは、最初はリビーの病状から面会できないと断られたが、10万ドルを寄付することにしたらOKがでた。なんて高い面会料金!(^^)
リビーはハーリーに話し始める。チキンのCMを見ていたら思い出した、今の人生とは違う人生の話。飛行機が墜落して島にいた、お互いに好きだったと。そして、ハーリーもこの病院にいたことがあるというのだった。ハーリーにはまったく覚えがなかったが、女性と話すのが怖かった自分がリビーとなら話せたことから、彼女にデートを申し込む。

ビーチにいったリビーは懐かしい気がするといい、ハーリーにキスをする。その瞬間、ハーリーは以前こうしてリビーと会っていたことを思い出した。その様子を車の中から見ていたデズモンドは、今度はベンとロックが勤める学校へ向かう。デズモンドは、車いすで移動中のロックを見ると、車をぶつけて逃げてしまった。なぜ?

デズモンドは、815便の乗客たちに、島での記憶を思い出させるために行動しているのだろうけれど、ロックさんへの対応は乱暴すぎ!
ハーリーとリビーの再会はうれしいな。愛する者同士でしか思い出せないというのが、製作側のこだわりらしい。愛する人がいない場合、たとえばフランクはどうなるんだろう?

<島・ハーリー>
ハーリーがリビーの墓の前にいると、あのささやき声が聞こえてくる。現れたのはマイケル。飛行機を爆破したら皆が死ぬことになるので、止めにきたという。リビーを殺されたハーリーには、マイケルのいうことを信じる気にはなれない。しかし、爆破用のダイナマイトをとってきたイラーナが、そのダイナマイトで皆の目の前で爆死してしまったことから、ハーリーは考えを改める。

アジラ航空機の爆破にこだわっているリチャードは、またダイナマイトを持ち出そうと皆を連れてブラックロック号へ。ハーリーは爆破をやめさせるために強硬手段にでる。先回りして、船のダイナマイトを爆発させてしまったのだ。怒ったリチャードは、ダイナマイトがあるダーマの宿舎へ向かうといい、ベンとマイルズがついていく。ハーリーは黒ロックと話してみるといい、ジャック、ケイト、サン、フランクがついていくことに。

ハーリーは、本当はジェイコブからの指示ではないと話すが、ジャックは、今まで自分の考えにこだわってきたけれど、人に任せるべきときもあるとわかったといい、ハーリーの考えに従うという。ハーリーは、またささやき声を耳にする。マイケルは、リビーを殺したことを謝り、ささやく声は島に閉じ込められた罪を犯した死人のものだという。

黒ロックは、サイードが連れてきたデズモンドと話す。デズモンドは、黒ロックを以前のロックと思っているようで(芝居?)、一緒に古い井戸へ。ハイドラ島で電磁気を照射されたというデズモンドに、黒ロックは、この井戸は磁石がぐるぐる回る原因を探るために、古い時代に作られたものだと話す。そしていきなりデズモンドを井戸に突き落とした!

黒ロックは、最初からウィドモアが連れてきたデズモンドを始末する気だったようだ。悟った人のようにふるまっていたデズモンドは、このことを理解していなかったのだろうか?

黒ロックたちのキャンプに着いたハーリーたち。ハーリーは黒ロックに、穏便に話し合いたいといい、黒ロックも同意したようだが、果たして結果はいかに?
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/12067141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2010-10-12 15:27 | 海外ドラマ(LOST) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de