碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

緊張感

先日、スーパーのレジでお金を払ったとき、自分が予想していた金額より少し多いような気がした。気になったけれど、レジの後ろでレシートとにらっめっこするのはちょっと格好が悪いよねえ、なんて格好を気にしていたら損をしてしまった。
家に帰り、家計簿にレシートの金額を書き込んでいるときに、4本買ったキュウリが792円もしていることに気付いた。それは4本で198円のもの。レジのお姉さまは4本を4袋と打ち込んでいたのだ。今のレジは昔のように数字を打ち込むのではなく、商品のバーコードで金額が打ち出されるのでほとんど間違いはないけれど、特売品などはバーコードを使っていないので間違うこともあるのだね。レジの前でボーと立っていることの多い私。これからはさりげなく数字を気にしつつ、それからお金を払わなくてはと、反省。
それから数日後、今度はクリーニング屋さんで100円の損失(^^)
洗ってもらう服をだし前回の伝票の上に料金を置いた。店主のおじさんは、お金をレジに入れると前回の伝票をすぐつかみ「ええ~と、これですね」ときれいになった服をもってきてくれた。100円のおつりもらった?と心の中で考える私。100円もらってないとは、なぜかいえない。それが高額だったらもらってないとはっきりいったはず。100円だったからいうのが恥ずかしいと思った自分が、今は恥ずかしい。「1円を笑うものは1円に泣く」のだ。
店内にある花をまたまたボーと眺めていたから、無意識のうちにおつりをもらっていたかもしれないと思ったりもする。
お金をだしたときは、もう少し緊張感をもたなくては!

d0129295_1540450.jpg
by mint-de | 2010-12-13 15:43 | 木陰日和