「4分間のピアニスト」

昨年録画した「4分間のピアニスト」(2006年 ドイツ映画)を、今頃見る。
映画館で予告編を見たときは、暗くて重そうな映画のように思えたので敬遠してしまったが、友人がよい映画だったといっていたので、テレビでの放送を録画。
確かに、見応えのある映画だった。

クリス・クラウス監督は、80歳の女性ピアニストが刑務所でピアノを教えているという新聞記事から、このストーリーを考えたという。
その女性の手は、年齢を感じさせない美しい手をしていて、高齢であっても、生きる目的をもつことができるということを伝えたかったらしい。
終盤のシーンで、高齢の女性教師クリューガーが若い受刑者のジェニーに、生きる目的をもて、才能を無駄にするなと説得するシーンがあるけれど、この場面にテーマが凝縮されているのだろう。

刑務所でピアノを教えていたクリューガーは、あるときジェニーという若い女性受刑者がピアノを弾く真似をしているのを見て、彼女の才能に気付く。ジェニーはかつてコンクールでいくつもの賞を受賞していた。今は殺人罪で服役していて、刑務所内ではすぐに感情を爆発させて暴力をふるう問題児だったが、クリューガーはジェニーをコンクールに出場させるべく、彼女の指導を始める。刑務官や受刑者たちからの嫌がらせもあるが、荒んだ心のジェニーとクリューガーが次第に心を通わせるまでが描かれている。

クリューガー自身も暗い過去を引きずって生きてきた。クリューガーは同性愛者で、ナチスの戦時下、愛する女性を殺された悲しい過去があった。クリューガーは自らの残された人生を、ジェニーのピアノの才能を磨くことで、失われた日々や愛する人の奪われた命の無念さを晴らしたいと思ったのだろう。
コンクールでは、聴衆が驚く演奏をしたジェニー。演奏後のジェニーの挑むような強い眼差しは、彼女の再生を感じさせる。それは、クリューガー自身の再生でもあるのだろう。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/12694584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2011-01-14 20:54 | シネマ(ま~わ) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de