碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「私は屈しない」

月曜日にTBSで放送された、厚労省の村木厚子元局長の無罪事件をもとにしたドラマ。
逮捕から無罪になるまで、村木さんを支えた家族の愛情がひしひしと伝わってきた。
身に覚えのないことで何か月も拘留されるなんて、本当にひどい話だ。
検察側は、公判前にすでに証拠の改ざんが行われていたことがわかっていたのだから、そんな状況でよく起訴して求刑までできたものだとあきれ返る。
村木さんは、サラ・パレツキーの本から災難を乗り切るヒントをもらったらしい。以前、週刊誌でも読んだけれど、拘置所で読んだ本や食事からも何か得たものがあったといっていた。精神的にとても強くて、前向きな方なのだろう。
ドラマの田中美佐子も雰囲気がよくでていた。ドラマのなかでは、偽の証明書を発行してしまった係長は、忙しくて早く仕事を片付けたくてやってしまったといっていた。そんな理由だなんて、その結果の大きさを考えるとやりきれないな。
精神的に強い人間と弱い人間、その対比がくっきりと描かれ、とてもよくまとめられていたドラマだと思う。
by mint-de | 2011-02-02 15:29 | 日本のドラマ | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/12803030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。