「大切なことはすべて君が教えてくれた」

初回だけ見たもののストーリーについていけずしばらく見ていなかったが、妊娠がわかった夏実がどう行動するのかが気になり、また見始めた。
このドラマ、修二を思う夏実の深い愛と修二を慕うひかりの一途さに比べると、あまりにも修二の態度が情けない。しっかり自己主張する女たちを、いつもまあるい目で見つめてばかりの修二くん。その優柔不断な態度をなんとかしなさいよといいたくなるのだが、珍しく一緒に見ている夫は、逃げずにそこにとどまっている修二くんは、なかなかたいしたヤツなのだそう。そうなのか? 確かに学校をやめてしまえばもっと楽になるのかも。そこにいつづけるほうがキツイかも。でも、二人の女たちに比べると、彼が何を考えているのかよくわからないな。
夏実の家族と修二の家族は対照的。修二の親が、結婚と妊娠の順番が逆だといっていたけれど、いまどきそんな風にあわてる親っているのかな? 夏実のお父さんはいい人だ。生まれてくる孫のために若いおじいさんになろうとしている。夏実の家は愛のある家庭って感じかな。その点、ひかりは可哀想。修二に救いを求めているわけだけれど、はたしてどうなるんだろう。
タイトルの「君」って誰のことかな?
by mint-de | 2011-03-01 15:14 | 日本のドラマ

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de