「大切なことはすべて君が教えてくれた」

社会の出来事をひととき忘れ、最終回を見た。
ハッピーエンドでよかった!
修二も夏実も現実から逃げずに困難を乗り越えようとしたから、お互い何が大切なのかがわかったのだね。
互いの存在の大切さが、婚約時代より確かなものになったということ。
修二がひかりに対して最後まで責任を果たそうとした姿も、よかった。
修二のひかりへの言葉は、とても優しい。修二の気持ちを理解して、待っていた夏実も偉いよね。
ひかりには、もっとふさわしい誰かが見つかるだろう。
このドラマは、人への思いやりに満ちたセリフが多く、とても好感がもてた。
by mint-de | 2011-03-29 15:21 | 日本のドラマ

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de