早く収束して!

東電が今頃になって、福島第一原発の1から3号機の炉心溶融を認め、格納容器に穴が開いているかもしれないという報告をした。
あれだけ高濃度の放射性物質が漏れ出ている時点で、素人の私でさえ、穴が開いているんじゃないかと思っていたので、遅すぎる発表に、「情報操作」をされたような、とても不快な気分になる。
パニックをおそれて真実をいわないというのは、国民を馬鹿にしているし、信用性に疑問符がつく行為だ。
重大な事実なら、パニックにならにようにちゃんと説明すればいいだろう。
この国から逃げ出せない人間は、それなりの対応をして生きていくしかない。
福島の子どもたちのことを考えると、本当に、1秒でも早く収束して!と願うばかりだ。

月曜日にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を見た。
鶴瓶さんが震災後の石巻を訪れたのだが、被災された方々が「よく来てくれた。会えて元気をいただいた」と鶴瓶さんと抱き合い、握手をしていた姿に、胸が熱くなった。
芸能人が来ただけで「うれしい」と口にする人々。
失ったものが大きいからこそ、人のおもいやりの心が、それだけでもうれしいのだろう。
鶴瓶さんもそんな風にいってもらって、芸能人冥利に尽きるというものだろう。


d0129295_11531763.jpg
by mint-de | 2011-05-25 11:55 | 社会畑

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de