水無月

6月がどうして「水無月」なんだろうと思っていたけれど、この「無」は「の」の意味だそう。
田に水を引く月だから、こう呼ばれるようになったんだとか。
その6月になったのに、4月の頃と同じような服を着ている。
最近のお天気は、「季節感がない」なんていうおかしな文句をいいたくなるほど、妙な天気だ。
今から暑いのも困るが、夏を前にして肌寒い6月というのもなんだか暗い気分になる。
梅雨の時期になると、マイワンコも可哀想。
彼の陣地も雨に濡れるので、少しでも濡れていないところを探して、ウロウロ。
この間は犬小屋にいるのもあきたのか、敷物を小屋からだして小屋の前に座っていた。
背中は雨に濡れても、敷物を敷いて座るという行為に笑う。
どうしてそうするのか聞いてみたいけれどね。
「マルモのおきて」のムックみたいに、会話ができたら楽しいだろうな(^^)
by mint-de | 2011-06-01 15:28 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de