碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「マルモのおきて」

日曜の夜は、イモトの「世界の果てまでイッテQ」でゲラゲラ笑い、その後は「マルモのおきて」でクスッと笑う、私の笑いと癒やされタイム。
「マルモのおきて」は、回を重ねるごとに視聴率がアップしているようだが、私は評判になっている子役よりも阿部サダヲの演技が一番いいと思っている。
彼がこの役をやっているからこそ、面白いドラマになっている気がする。
いつも自信がなさそうに見えるけれど、いっぽん芯はちゃんと通っているマモル。
人を笑わせてからしんみりさせる、その芝居は、なかなか上手いと思う。
今回はずっと好きだったかなさんにふられてしまったけれど、マモルもかなさんの選択もしょうがないよね。
マモルが親友の子どもを育てていると知った職場の同僚たちは、みんな協力的。
現実ではあり得ないよなあと思ったりするけれど、ドラマの中だけでも優しい人たちを見て、ホッとするのだった。
by mint-de | 2011-06-13 15:15 | 日本のドラマ