「マルモのおきて」

子どもたちは、またマモルのもとに帰ってきた!
こういうラストって嬉しいな(^^)
あゆみの「ゆっくりママになる」っていう言葉に、それもありだなと思う。
このドラマは、人を責めず、人をそのまま受けいれて、みんな優しい。
マモルの、不器用だけれど全力で子どもたちとかかわっていく姿勢に、親のあり方を学んだような気がする。
「北風と太陽」の話のように、力ずくで納得させるのではなくて、温かい心で相手と接してわかりあう、そんなドラマだったから、見ていてとても心地よく癒やされたのだと思う。
続編となるスペシャルドラマが企画されているらしいが、毎年、子どもたちの成長を、連続ドラマの中で見てみたいな。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/13982976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2011-07-05 14:24 | 日本のドラマ | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de