碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

久田恵の言葉から

  現実の生活に行き詰まったとき、そこにとどまっていては、何も見えない。だけど、自分からはなかなか出ていけないものです。そんなときは、ファンタジーの力を借りて跳んでみよう、と思うようになりました。それは何も別の場所に行くことじゃない。赤毛のアンが平凡なくぼ地を「スミレの谷」と名づけたように、今いるここを、自分にとってすてきな場所に変えていく、ということです。
 大事なのは、誰かに幸せにしてもらおうと思わず、一人でも自由に、楽しく生きられる力を育てること。いまも日々、練習中です。


   (2011年7月8日付夕刊 「人生の贈りもの」 久田恵 「行き詰まったとき、跳ぶ力を」から)
by mint-de | 2011-07-09 15:46 | 詩と言葉から