園芸入門

今まで義母任せだった庭。
後を引き継ぐべく水遣りをしたり草むしりをしてきたが、植物の知識はないに等しい。
それで少し勉強しようと思い、園芸に関する本をいろいろ探していたが、いい本が見つかった。
NHK出版の『園芸入門』
園芸って何?から始まり、植物の一生から解説してくれている。
これ一冊で基本がおさえられ、あとは応用して何とかなりそう。
といっても分厚い本なので、はたしてどこまでちゃんと読めるかな。
それに理解したとしても、花が育って咲くとは限らないし…
自分でやってみると、花を育てる難しさがよくわかる。

昨日のNHK「ぶらタモリ」は、綱吉時代の犬のお囲い場について。
中野にあったんだね。昔、中野駅から電車に乗って通勤していたけれど全然知らなかった。
犬が10万匹も入れられていたなんて信じがたい話だけれど、タモリがいっていたように、あの時代に「動物愛護」の精神をもっていたのは、革新的といえなくもない。
洋犬も輸入されていたという話やベトナムから像もやってきて、長崎から2か月もかけて江戸まで歩いてきたという話に驚いた。江戸庶民も像を見ていたんだね。鎖国といいながら、結構外国の「もの」はあったらしい。
この番組を見ていると、江戸時代の豊かさに触れることが度々あり、この時代に興味がわいてくる。

d0129295_16462223.jpg
by mint-de | 2011-11-11 16:50 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de