碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「ヤング≒アダルト」

チョージコチューの女の話である。
ここまで徹底したワガママぶりを見せられると、何だか痛快に思えるのが不思議である。
元カレがまだ自分に未練があると思い込んで、故郷に帰り、とにかくアタックしまくるメイビス。
彼の奥さんなんてどうでもいい。
自分は高校時代は人気者で、こんな田舎町をでて都会でライターとして有名になったのだ。
彼には自分がピッタリ。
でも、彼にはその気がないことを知り、メイビスはブチキレる。
そのみっともなさといったらない。
あまりにもみじめな姿に、同情します(笑)
もっとも夫の元カノに赤ちゃんの写真を送る妻というのも、いかがなものか?
メイビスみたいに騒動を起こして他人を傷つけ、自分も深く傷つかなければ前へ進めない女は、かわいそうな人だけれど、人間は傷ついた分だけ大人になれるのかもしれない。
そうしながら自分なりの幸せというものを見つけていくのだろう。
メイビスは、少なくとも高校時代からはやっと「卒業」できたのだと思う。
  (2011年 アメリカ映画 監督ジェイソン・ライトマン)
by mint-de | 2012-02-28 16:48 | シネマ(ま~わ) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/15499426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。