リベンジ 第2話

崩壊 

12週間前。
エミリーは、ダニエルが出場しているポロ競技の場でビル・ハーモンに会う。
ビルはウォール街で最も儲けているヘッジファンドの代表だが、かつてはエミリーの父デヴィッドの同僚で、裁判のとき、デヴィッドが内部情報を利用して違法に得た資金をテロ組織に横流ししていたと、嘘の証言をした人物。エミリーは、ビルその人が違法な取引をしたことを父に話しているのを聞いていた。
ビルと知り合いになったエミリーは、早速、ビルに接近して、さもノーランがある企業の株を買うような情報を流す。そのニセ情報に飛びついたビルは、ノーランが買わなかったことで大損し、エミリーが顧客にそのことをばらしたために、ビルはすべてを失った。
あまりにも簡単にエミリーの言葉を信じてしまうビルにビックリ!
エミリーが仕返しをするシーンは、もう少しサスペンス感がほしいな。これからもこんな調子で描かれるなら、どんどん興ざめしそう…

エミリーは家の入札で、ノーランが最高額を提示してくれたおかげで、家を自分のものにすることができた。
ノーランは会社を起こしたとき、デヴィッドだけが理解を示してくれたことに感謝していて、それで娘のエミリーを守ってくれるようだ。ノーランはジャックにも船は返すとかいっているから、エミリー絡みで、ジャックにも優しくしているみたい。ノーランはジャックと友達になりたいとかいっているけれど、彼の本心はよくわからない。

ヴィクトリアは、エミリーに自分も馬術をやっていたなどといって打ち解けたふりをしているけれど、エミリーに疑いをもっている。調査をしているフランクは問題ないといっていたが、エミリーの過去に空白部分があるのに気づく。

ジャックは父の店を守るために船を売り頑張ろうとしているけれど、父はかなり悲観的になっている。そして倒れてしまう。

エミリーは、ダニエルとデートをしてだんだん親密になっていく。誕生日のお祝いでみんながエミリーの家に集まってくれた。そこで再び会ったエミリーとジャック。ジャックは何かを感じたのだろうか?みなが去ったあと、エミリーは一人でケーキのローソクを消して誕生日を祝う。信じられるのは自分だけだから。

デヴィッドとヴィクトリアは愛人関係にあったらしい。本当の愛ではなく、ヴィクトリアがデヴィッドをだますために仕組んだことだったのかな?
初回は面白いと思ったけれど、エミリーが謎の女にしては、緊張感がなさすぎて、ちょっとガッカリな展開だ。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/15630491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-03-26 20:48 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de