リベンジ 第4話

告白 

今回のリベンジ相手は、精神科医のミシェル・バンクス医師。
彼女は、アマンダの父が逮捕されたとき、アマンダを担当した医者だった。
アマンダを父親と絶対会わせないように施設に入れたら、その先、開業医としての未来を約束するというヴィクトリアの言葉に飛びついたミシェルは、アマンダの気持ちを無視して施設送りにしたのだ。

子どもたちを心の病から救うイベント、「母と娘のつどい」というお茶会を催したヴィクトリアは、そこでとんでもないものを見せられる羽目に。
エミリーは、ミシェルがセラピーの様子を撮影していたものをミシェルがプレゼンをするDVDに加えていたのだ。皆の前で、セラピーを受けていた奥様方の悩みが次々と暴露される。ヴィクトリアがシャーロットを産んだのは間違いだったかもなどという映像まで流されてしまう。傷つくシャーロット。
エミリーのリベンジはまだ続き、自分を閉じ込めていた罰として、ミシェルをグレイソンの会社の倉庫に閉じ込める。そのことで警察に疑われるヴィクトリア。

ジャックは店を売るつもりだったが、考え直すことに。エミリーの存在が、少しずつジャックの心を変えているようだ。
ダニエルの友人タイラーは何を考えているのか?
ダニエルとエミリーの仲を引き裂こうとしているし、わざとダニエルにお酒を飲ませている。狙いは何?
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/15690854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-04-08 15:18 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de