リベンジ 第8話

記憶 

本物のエミリー・ソーンは、扱い方に気を付けないとエミリー(アマンダ)はピンチに陥りそう。
彼女がパリに行かなかったのは、エミリーのそばにいたかったからか、ジャックと関わりたかったからかよくわからないけれど、厄介な存在になった。
タイラーとアシュリーの出方も気になるな。

リディアが退院した。フランクに襲われた前後の記憶はないらしい。
夫は家から追い出しても、愛人は家に置くヴィクトリア。リディアの記憶が戻ると困るからだが、フランクが殺そうとしたと夫婦が話しているのを聞いてしまったリディア。
ヴィクトリアはフランクが殺されたことを知ると、彼がエミリーの素性を話そうとしていたことを警察に話す。
エミリーのもとを訪れる刑事。だが、エミリーにはアリバイがあったので疑いは晴れる。

本物のエミリー・ソーンをノーランの家に預けたエミリーは、彼女に別の名前のパスポートを用意してパリに行くように指示するが、彼女は飛行機には乗らず、ジャックの店にやってきた。ジャックのことを聞いていた彼女は、ジャックに興味がありそうだ。

ノーランは、本物のエミリー・ソーンがフランクを殺したことを知ってしまった。
エミリーを守りたいだけで犯罪者にはなりたくないノーラン。だんだん彼が可哀想になってきた。
ダニエルはエミリーが刑務所にいたことを知っても、彼女への愛情には変わりがないようだ。彼も利用されているだけなので、同情します。

リディアはエミリーが写真に写っていたことを覚えていた。写真の顔は変えたけれど、エミリーへの疑いは残るだろう。リディアは今後どういう態度にでるのだろう。

最初のころに比べるとスリリングな展開で、面白くなってきた。
ヴィクトリアの罪の意識、家族が思うようにならない怒り、孤独感など、エミリーよりヴィクトリアの感情表現のほうが、私は面白く感じている。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/15836617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-05-08 16:05 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de