リベンジ 第11話

強迫

ドラマのHPで先のエピソードを見ていたら、シャーロットの父がデヴィッドと載っていた。配慮なさ過ぎHPにガッカリ。
ヴィクトリアが産んだのが間違いだったといった意味はわかったけれど、シャーロットに罪はないので、父のほうに愛情を感じているシャーロットが余計可哀想。

今週はタイラーのワンマンショー。いなくなってホッとしたけれど、戻ってくることも十分考えられるので、戻ってきたら、もっと厄介な存在になりそう。
タイラーは重度の精神病だった。コンラッドはタイラーの脅しにはのらないことに決め、タイラーを再度クビにしてしまう。怒ったタイラーは荒れまくる。その場を目撃したエミリーは、タイラーの薬を発見し、タイラーが精神科医に暴力をふるい家族が捜していることを突き止める。
仲直りしたノーランにまたまた助けてもらい、タイラーの兄に連絡。

エミリーの企画で、ダニエルの誕生日をビーチで祝っているとき、タイラーが現れる。皆に銃を向けて引き金を引こうとしたとき、兄がやってきてタイラーは警察に捕まる。
エミリーは、タイラーのポケットにフランクの財布を入れた。入れないほうがよかった気がするな。タイラーは誰が入れたか気付くはず。
銃はエミリーの銃だったけれど、弾は入ってなかった。なのに、黙っていたエミリー。ほかの人は怖かったろうね。
タイラーがもっていた隠しカメラはまた戻ったけれど、タイラー、ものを大事に保管しなさすぎ!

ヴィクトリアとコンラッドは離婚に向けて動き出した。ヴィクトリアはいかに多くコンラッドからお金をとるか、いろいろ画策。彼女が流産したという話に、本当はその子が生きていて、それがエミリーかもと思ったりするのは考え過ぎかな。エミリーの母親って全然話に出てこないから、いろいろと想像してしまうな。

アマンダをヴィクトリアとコンラッドに紹介するエミリー。アマンダをたいしたことがない女と見るヴィクトリア。人を見る目は確かだけれど、彼女の怖さはまだわからないようだ。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/15927060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-05-27 10:57 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de