碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「はつ恋」 第4回

Innocent Night

楽しみなドラマだったけれど、ちょっと無理なストーリーにしらけ気味。
まず、あんなに痛がっていた緑さん、どうやって富士市から東都医大までいったのかな?
三島先生は空港から引き返したけれど、三島はパリに帰るはずだったのだから、三島の部屋がそのままなのは、おかしくない?それに院内の医者の部屋に患者を泊めるなんて、ちょっと考えられないのですが… 
などと、突っ込みたくなるのだけれど、こういうドラマにそんな文句をいうのは、ヤボというものかな?

三島は、緑のために空港から引き返した。病院で、緑は三島に胸水を抜いてもらうと楽になった。
もう大丈夫という緑に、三島は入院して一晩様子を見なければならないという。
あいにくベッドが満床だったため、三島は自室を緑に提供する。
自分の病状を心配する緑に、三島はがんはきれいにとれたと写真を見せて安心させるのだった。
一人、三島の部屋に残った緑は、外の雨を眺めながら16年前の同じように雨が降っていた日を思い出す。

大事な話をするために病院の三島を訪ねたが、「好きだと思ったことは一度もない」と言われた日。緑は妊娠していたのだ。
三島の言葉にショックを受けた緑は、その後流産した。
病院に迎えにきた緑の父は、娘のことに気付かなかった己を責め、相手への憤りもにじませながら、緑を背負ってやるとかがむのだった。

翌日、緑を迎えにきた潤に、三島も緑も三島の部屋に泊まったとはいえなかった。そして、広瀬から二人が同級生だったと聞いた潤がそのことを三島に話しても、三島はあんまり覚えてなくてと、ウソをついたのだった。病院を出た潤は、緑にも広瀬が話していた三島はがり勉で感じが悪かったという話をする。あいまいに頷く緑。

広瀬は緑のことが心配になり、病院の三島を訪れる。店の弁当を持参した広瀬は、昔と同じように鶏のから揚げからパクつく三島を見ながら、緑の今の幸せな生活を壊すことはしないでほしいと話す。わかっているという三島。
広瀬が帰ったあと、三島は過去を振り返る。

父の葬儀の日。
後片付けをしてくれている緑に、医者になったら迎えにくるといったのにこなかったことを謝った三島。
緑は気にしていないといいながら、父が自慢気に息子の話をしていたと話し、三島くんは手術をして人の命を救っていると励ましてくれた。
自分には自慢できない事情があったのに…
その後で緑を抱いた三島。

幸絵は、三島の部屋で弁当の包み紙を見つける。
それが三島の故郷の弁当屋だとわかり、緑が誰なのか気付く。
幸絵は確認するために、緑の病院までやってくる。三島の本にはさんであった、セーラー服の高校生の写真。それはあなただったといい、緑の存在があったから離婚したのかもとまでいいだす幸絵。
緑は、幸絵の話から、胸水を抜いてもらった日は、三島がパリに帰るはずだったことを知る。
緑のために、空港から駆け付けてくれたのだ。
それを知った緑の心は揺れ始める。

複雑な気持ちを抱えながら、緑は病院へ。
もう大丈夫だからパリに帰ってほしいという緑に、三島は緑のためにとどまっているわけではないという。
しかし、三島は緑の言葉とは裏腹な涙を見て、自分の心が隠せなくなる。
三島は、さようならという緑を抱き寄せる。そして、キスする二人。

7年前、潤は緑に一目ぼれした。
言語聴覚士として仕事をしている緑を見て、恋をしてしまったのだ。
強引に何度もデートに誘う潤に、緑は、自分が35歳で男の人とは付き合う気持ちがないと告げた。
すると潤は、じゃあ結婚してとプロポーズしたのだ。そのときもっていたのが、チューリップの花束だった。

潤は、部下の桃子に、男は付き合っていた女を忘れられないものだが、女は上書き保存で過去は消してしまうという言葉に、じっと考え込む。潤は、緑と三島の関係を疑っているのだろうか?

三島がジョギングをしていると、記者の青山千香がやってくる。
16年前、亡くなった名誉教授が執刀した手術の件で聞きたいことがあるという。
二歳の子が亡くなったケースで、術後の管理を任されていた三島は、その後パリに渡った。
三島が緑と別れることになったのは、この出来事と関係がありそうだ。

緑と三島の関係は、これ以上にはならない気がする。タイトルが「はつ恋」だから。
この恋をいい思い出、郷愁のなかにしまうために、いろいろ描かれていくのだろう。
by mint-de | 2012-06-13 15:48 | 日本のドラマ | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/16046216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。