リベンジ 第15話

混沌

ドラマでマジックを見せられるとは思わなかったよ(^^)
初回に、撃たれて倒れたのは確かにダニエル。
しかし、ダニエルだと思っていた男はタイラーだった!
いろいろいいたいことはあるけれど、制作サイドはダニエルを生かしてタイラーを片づけてしまいたかったらしい。エミリーのことを知り過ぎた人間は消されてしまうようだ。怖い脚本だね!

エミリーの秘密の箱を盗んだのはタイラーだった。タイラーはお金と引き換えに、箱とアマンダを返すという。
エミリーは、駐車場で待っていたタイラーを銃で脅して箱を取り返そうとしたが、タイラーによってエミリーに利用されているだけだと吹き込まれたアマンダに、逆に銃で脅されてしまう。
エミリーは箱も銃もアマンダも失ってしまった。

ダニエルは祖父から、会社に証券取引委員会の調査が入るのと両親の離婚問題で投資家が会社から離れてしまわないように、仕事をしてほしいと頼まれる。
その頼みを聞いてタケダに会ったダニエルだったが、彼はついに決断する。グレイソン家から独立してエミリーと新しい土地でやり直すことを。
タケダはダニエルの決意にエミリーの危機を感じたようだ。

アマンダは、タイラーに一緒に婚約披露パーティーに出るようにいわれる。タイラーはダニエルを殺してそれをエミリーの仕業にするという。
アマンダはエミリーがフランク殺しをタイラーの犯行にしようとしたことを知り、やはり自分をかばってくれたエミリーのために尽くそうと心を決める。ハンガーでタイラーを殴って駆け出したアマンダは、ジャックのもとへ。

ハイチで奉仕活動のために出発しようとしていたジャックは、やってきたアマンダに驚く。一緒に行きたいというアマンダに行こうというジャック。しかし、アマンダはキスをした後でタクシーにお金を払うといって去っていく。ジャックは、自分の手にアマンダの血がついていることに気づき、慌ててアマンダを追いかける。

ヴィクトリアは離婚の条件をのみ離婚届にサインした。証券取引委員会の一人の名刺を持ち出していたので、何か魂胆がありそう。

パーティーが始まった。ダニエルは自分の決意をヴィクトリアに話す。息子の別れの言葉に、ヴィクトリアはエミリーは自分と同じで野心のかたまりだ、すぐにどんな女かわかると返すのだった。

エミリーはタケダから箱を受け取る。タイラーとアマンダはどうしたという問いに、タケダは箱を埋めて帰ってきた頃にはわかるだろうと答える。
エミリーがビーチで箱を埋めた後に、ダニエルがやってくる。
嘘と隠し事のこの場所から離れてパリで暮らそうというダニエル。驚いたエミリーは無理だと答える。
エミリーの反応にガッカリするダニエル。

一人になったダニエルの前に銃をもったタイラーが現れる。エミリーがどんな女か教えるという。

ジャックはアマンダを追ってビーチに着いた。そこへ銃声が響く。倒れている男のそばにはアマンダがいた。私じゃないというアマンダに、ジャックはとにかく逃げろといい、一人でその男を引っ張っていく。しかし、デクランとシャーロットに気付かれそうになったので慌てて逃げ出した。
そして、皆がダニエルだと思った撃たれた男は、タイラーだった。

アマンダはジャックの車で逃げようとしたが、キーがない。そこへタケダがやってくる。
タケダの車に乗るアマンダ。彼はいった「お役に立てて光栄です」と。

この展開だと、タケダがタイラーを撃ったのかな?
どんどん意外な展開になってくる。エミリーのリベンジは前途多難だね。

アマンダはジャックの愛を確かめに会いに行ったのだね。ジャックからエミリーの言葉を聞いて、やはりエミリーのためにやることがあると思ってジャックのもとを去ったのだろう。最初は好きになれなかったキャラだけど、健気なアマンダが好きになってきた。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/16127360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-06-24 13:53 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de