リベンジ 第16話

同盟

コンラッドは息子の危機に、自分の過去を思い出す。
16年前にコンラッドがしたのは、テロ組織のマネーロンダリングだった。
彼は組織の実体を知らなかった。自分たちの身を守るために、デヴィッドに罪を着せたのだ。
何故デヴィッドにしたのかは不明だが、ヴィクトリアの不倫相手だったからかもしれない。

ダニエルは逮捕された。タイラーに銃で脅されたが、もみあいになってタイラーが銃を落としたのでそれを拾い、向かってきたタイラーを撃った。そしてその後の記憶はないという。
取り調べの刑事は、タイラーは胸に一発、背中に2発撃たれているのに、ダニエルが撃ったのが1発で、ダニエルが後頭部に怪我を負っているのは、もしかすると第三者がそこにいたのかもしれないと話す。
ダニエルは保釈も認められず、刑事施設へ送られることになった。

グレイソン家は、ダニエルのために敏腕弁護士ブルックスを雇い、彼はアマンダの行方をジャックに聞きにくる。
ジャックは、ずっとアマンダを捜している。車のなかにエミリーがタイラーに送金した書類が残されていたので、ノーランにそのことを聞きにいく。そこでノーランは、アマンダとジャックがビーチにいったことを知る。
デクランは、パーカーの男が兄だと気づいている。ジャックがアマンダをかばっていると思い、なんとか兄を助けたいと思っている。

エミリーは、パーティーの防犯カメラが細工されていたと聞き、ノーランがタケダに頼まれてしたことだと気づく。エミリーは黙っていたノーランをなじる。

アシュリーは、事件の写真をネットに流していた。マスコミの前で広報しながら、グレイソン家の事件をキャリアアップに使おうとしていた。

そして、タケダがビーチでやったことがわかった。
エミリーは、事件の後で、銃を盗まれたことにするため一度家に帰った。そのときタケダがいた。
混乱のもとは、エミリーが警告を無視したからだとエミリーに忠告するタケダ。
タケダはタイラーがエミリーの正体をばらそうとしたので、ダニエルの頭を石で殴って気絶させ、タイラーの背中を撃ったのだ。タイラーがもっていた写真とあの箱も持ってきたタケダ。
タケダは、その後でやってきたアマンダは救えるが、ジャックまでは無理だと告げるのだった。

ダニエルは、エミリーを疑い出した。でも逮捕されてしまったから、調べることはできないし、大ピンチだ。
撃ったタケダは見つからないだろうし、ダニエル以外の人間を犯人に仕立てるならアマンダとかジャックになりそう。エミリーのリベンジは予想外の方向へ向かいだした。
でも、グレイソン家へのリベンジなら、ダニエルの逮捕で結構なリベンジになっている気がする。
ただ、エミリーがダニエルをどう思っているかがよくわからないけれど。
一ついえるのは、悪くはないダニエルが可哀想だということ。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/16208854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-07-01 15:33 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de