「ミステリー in パラダイス」

シーズン1が終わった。
リチャードに島にいてほしいから、ロンドンからの連絡をギリギリまで話さなかった署長。
リチャードも、署に戻ってすぐ連絡すればよかったのに、事件解決のヒントが頭に浮かび、事件を優先させたのは刑事魂からか。
帰れるとあんなに喜んでいたのに、電話が圏外でかけられないというオチには笑ってしまった。
ビーチに座ってビールを飲むくらいで、野生化しているというリチャード。
それでも、署のみんなが宝物だといえるようになったのだね。カミールは、みんなとひとくくりにされて不満そうだったけれど…
あくまでもロンドンでの勤務スタイルにこだわり、背広とネクタイ、カバンをもって仕事をするリチャードが、この島にどれだけなじんでくるのか、次のシーズンも楽しみだ。エピソードは13話くらいあってもいいのにな。
事件と、リチャードたちオノレー署の「チーム」の人間関係の描き方もバランスがよくて、本当に面白いドラマだった。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/16392904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2012-07-17 15:09 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de