碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

リベンジ 第19話

赦免

エミリーは、シャーロットがもっていたデヴィッドの写真を見て驚く。それはヴィクトリアが隠していた写真をシャーロットが見つけたもの。その写真は殺される直前のデヴィッドで、彼は手帳を持っていたが、その手帳は秘密の箱には入っていなかった。
早速、ノーランを問い詰め、ノーランが隠していたその手帳をゲットするエミリー。
手帳に書かれていた「CMが証拠をもってくる」という個所を読み、CMがキャロル・ミラーというコンラッドの秘書だったことを突き止めたエミリーは、死亡したことになっているミラーが実際には生きていると知り、彼女の家へ。
驚いたことに、そこにはノーランもいて、彼女はノーランが父親に捨てられたとき世話になったおばだった。
ミラーの話から、会計士が不正を把握していてミラーもデヴィッドの味方だったが、デヴィッドが殺されたことで、彼女の身も危なくなったので死んだことにして、今はミラー・トーマスとして生きているという。
そして、白髪の冷酷そうな男がコンラッドを訪ねてきていたことを話す。
その男は、写真に写っていた殺される直前のデヴィッドのそばにいた男と、同じ男だった。
その男が、父を殺したと確信するエミリー。

ダニエルは、起訴を取り下げられ釈放された。
しかし、世間やマスコミはグレイソン家が裏で仕組んだことで、リーの遺書は偽物ではないかと疑っている。
釈放されたダニエルは、テレビの前で真実を話すことで、その疑いを払拭しようとする。
ジャックは、エミリーが問題のあるグレイソン家のダニエルと結婚することに改めて危惧を覚え、直接ダニエルに会い事件のことを話し始める。
ジャックは、タイラーが持っていたダニエルのケータイを渡し、あのパーカーは自分のものであり、なぜそれがリーの車の中にあったか、親に聞けばいいという。
ショックを受けたダニエルは、コンラッドに真実を話してほしいという。
コンラッドはその前に、ヴィクトリアが証券取引委員会の一人に会社の不正を密告したので、会社が捜査対象になっていることを知らされていた。自分が逮捕されたあとは、ダニエルが仕事を継ぐことと妹の面倒を見るという約束をして、過去の自らの過ちをすべて話し始めた(エミリーが盗聴していたけれど、どこまで話したかは不明)。
エミリーはダニエルに、正直に話すこと、今が親から解放されるチャンスだと、インタビューの前に助言する。しかし、ダニエルはエミリーの助言より、グレイソン家の長男としての立場を選んだ。コンラッドの犯した過ちを暴くことをせず、親をかばうことにしたのだ。がっかりするエミリー。

デクランは、シャーロットのために彼女の薬物依存について学校側に知らせる。
彼女は停学になり、グレイソン家からのデクランの学費もストップ。そこへ、足長おにいさんノーランの登場!おばさんの世話になったノーランは、デクランを学校に通わせることで、間接的な恩返し。ノーランはいい奴です!
ジャックがダニエルに本当のことをいったのは、エミリーを思ってのことだけど、なんだか空回り。パーカーを盗んだのがエミリーだと知ったら、彼はどう思うんだろう?
エミリーは、ダニエルに少しは期待していたんだろうね。でも、彼が会社を選んだことで、彼への思いは吹っ切れたのかも。これからは、白髪の男へのリベンジが始まりそう。この男何者なんだろう。コンラッドが逮捕されたら、この男へのリベンジが主になりそう。コンラッドもテロ組織に利用されていた身だから、ある意味では被害者かも。
by mint-de | 2012-07-29 15:25 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/16525328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。