碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

リベンジ 第21話

悲嘆

コンラッドの会社は、証券取引委員会の捜査を受けたものの決定的な証拠はでなかったらしい。
でも、デヴィッドの無実を知っている人間がいっぱいいるのに、生ぬるい展開だね。
今回とっても違和感を覚えたのが、エミリーとジャックのキスシーン。
サミーが死んで悲しいのはわかるけれど(ジャックにとってはアマンダとの思い出もあるから余計つらい)、ああいうときは抱き合うほうが自然じゃないだろうか。無理に問題を作った感じがする。アシュリーが目撃したことも含めて。

ヴィクトリアは自分が密告したことで罪を免れるのをいいことに、コンラッドの犯罪を暴露しようと躍起になり、コンラッドが隠していた証拠一式を手に入れる。それをダニエルに託すヴィクトリア。ダニエルは父に連絡したけれど、ヴィクトリアはダニエルを試すことが目的だったのでは? 渡した証拠は偽物かも。
ダニエルが証拠を手にしたと知ったエミリー。彼女はもちろんダニエルから盗むつもりだろう。

白髪の男がコンラッドの会社を訪れたことを知ったエミリーは、ノーランに頼んで彼の家を突き止めさせる。
ノーランは、家に入ることに成功し隠しカメラを設置したが、白髪の男のほうが一枚上手だった。その男は、逆にノーランの家に侵入しノーランを襲う。気絶してしまうノーラン。ノーランはどうなる?

ダニエルは、ジャックがあのパーカーのことを蒸し返さないように、お金で解決しようとする。逮捕される前は、親の力を借りずにやっていこうとしていたダニエルだったのに、だんだん嫌なヤツになってきている。エミリーにとっては、嫌なヤツでいてくれたほうがいいかも?
by mint-de | 2012-08-16 15:08 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/16643603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。