碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-4

タトゥーの男

リンデンは、ホールダーから話を聞く。かつて薬漬けのどうしようもない警官だった自分を救ってくれたのが、スローンだった。彼から渡された写真が、ニセの証拠だとは知らなかったというホールダー。リンデンはそれ以上は聞かず、また二人で捜査を始める。

ラーセン運送を調べ始めたリンデンは、知り合いのFBIの捜査官から、スタンがヤネクのもとを去る時、組織のお金をピンハネしていたミカエルスキーという男を殺していたことを知らされる。男はロージーと同じように、トランクに入れられていたのだ。

リンデンがロージーの友人にタトゥーを見せると、見たことがあるといい、その友人は男が外からロージーを見ていて、刑務所にいたことがある男なのでロージーが怖がっていたと話す。リンデンは刑務所を訪ね、そのタトゥーを彫った男の話から、タトゥーの男はアレクシー・ギフォーズだと判明する。アレクシーは施設から里親のところを転々とし、少年院を出た後、ヤネクの手下になったらしい。

アレクシーの情報を引き出すために、リンデンは世話になったレジーに頼みこむ。そして情報を得たリンデンは驚く。アレクシーはミカエルスキーの息子だったのだ。アレクシーは、ホールダーの姿を見ると逃げ出した。アレクシーの部屋を捜索したリンデンは、ロージーの顔を描いた絵を見つける。絵には顔を消すように線が引かれていた。

スタンは、トラックからロージーのものを見つけ、ヤネクに問いただす。ヤネクはボー・ソレイユを放火したことを認める。

リッチモンドは、市長選から降りるといいだす。必死に支えてきたジェイミーは、なんとか止めたいと思っている。リッチモンドは、車いすに乗った自分の姿を鏡で見る。リッチモンドは、自分の姿を正視できる日がくるのだろうか?

リンデンたちは真犯人に向かっているのだろうか?
オギ・ジュンのマンガは父を殺した相手への復讐がテーマだそうだが、アレクシーはあまりにもピッタリで、逆に犯人ではないように思う。まだ9話も残っているし…
ヤネクに関連した事件なのだろうか?
by mint-de | 2012-11-16 15:29 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/17176286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。