碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

いつか陽のあたる場所で 第7回

「闇からの訪問者」

ハコの家に、尚之が結婚式の写真を持って訪ねてくる。家族の幸せそうな写真を見て、ハコは素直に喜ぶ。尚之は、ハコに小森谷には関わらないでほしいと念を押しながらも、祝電のお礼をいって帰っていった。

アヤは、刑務所で一緒だった香江子を見かける。過去を知る者とは会いたくなかったが、偶然、彼女がスリをする現場を目撃してしまい、思わず止めに入る。アヤを前に香江子は、格好のカモとばかりにアヤを脅して金をせびる。「人殺し」の過去をばらされたくないアヤは、金を渡してしまう。
ハコは、香江子が強引にアヤの部屋に入ったことを知り、アヤのもとへ駆け付ける。そして、なんとか前を向いて生きていこうとしている自分たちに関わらないでほしいと、香江子に頭を下げる。香江子は、ハコの懸命な態度に心を動かされたのか、部屋からでていく。

町のお祭りの日、パン屋の出店にいたアヤは、香江子から町を出ていくことにしたと聞かされる。しかし、アヤと一緒にいた香江子を見たセツが、財布を盗んだ女が香江子だと気づいた。逃げる香江子を、巡査とハコと会っていた岩瀬が追いかける。捕まった香江子を見つめるハコとアヤ。
香江子は、悔し紛れに二人が前科者であることをばらしてしまう。驚く大石夫婦と岩瀬。

ハコは、岩瀬に過去のことを話すつもりでいた。しかし、先輩の誘いでアメリカに行くことにしたという岩瀬の言葉を聞いて、いう機会を失ってしまったのだ。アメリカから帰るまで待っていてほしいといっていた岩瀬だったが、ハコの過去を知ってしまった岩瀬は、何もいえないでいる。ハコは、大切な人だったから正直にいえなかったと話すしかなかった。

こんな風に二人の過去がわかってしまうなんて、ちょっと酷な気がする。出所しても、その後の人生は本当に大変だと思う。周囲の理解と本人の努力しかないと思うけれど、香江子のような人のほうが多いのかもしれない。
岩瀬クンも、ショックだろう。アメリカにいく彼は、ハコとの関係をどうするつもりだろう。ハコを見守っていてほしいけれどね。
尚之の心は、少しずつ変化してきているようだ。母親の妙子の気持ちも変わってほしいもの。
by mint-de | 2013-02-20 20:35 | 日本のドラマ | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/17863186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。