リベンジ 2-20

婚約 

ノーランは、ファルコンからヒントをもらい、アマンダ基金の口座から全額引き出す方法を見つけたけれど、引き出した途端、大停電が! キャリオンが作動したらしい。一体、何が目的なんだろう?

ダニエルとエミリーは再び婚約した。そして、ダニエルは会社をやめエミリーと一緒にパリにいくという。多分、またダメな展開になると思うので、ダニエルの笑顔が哀れに見える。婚約を喜べないヴィクトリアは、エミリーに嫌味を連発。

ジャックは、ヴィクトリアが夫が知事になることには反対していると知り、対抗馬である知事夫人とコンラッドの密会写真をヴィクトリアに見せる。早速ヴィクトリアは知事夫人に会いにいくが、それは、夫の体調を心配した妻が知事にはしたくないという愛情から、コンラッドに会っていたとわかる。コンラッドは、ジャックの思惑とは反対に知事選に勝ちそうな気配。ジャック、なんだか暴走しそうで心配だ。

エイダンは、ダニエルに解雇された。タケダがダニエルの要求に応じて、エイダンの身上調査に正確に答えたため、ダニエルに父親が197便に爆発物を積み込んでいたことを知られてしまったのだ。アメリコンの取引を勝手に進めたのは、復讐が目的だとバレてしまった。

焦ったエイダンは、タケダを殺しノーランの協力のもとアマンダ基金の口座にアクセスして、資金を全額引き出した。タケダは、自分の目的のためにエミリーを利用していたらしい。エイダンはそれを知っていた。何が目的だったんだろう?
でも、エイダンは自分の師匠を殺してしまったわけで。タケダも、弟子たちが自分の思うように行動しないからといって、ダニエルにエイダンの素性を教えることもないと思うけれど。
タケダがあっさり死んでしまって、拍子抜け。その道の達人だったのでは?

今のエイダンは、純粋にエミリーのために行動しようとしている。エミリーのリベンジを早く終わらせたいというエイダン。リベンジなんて虚しいと、エミリーがわかる日がくるとしたら、それはこのドラマのラストになるのだろうね。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/19353110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2013-07-28 13:58 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de