リベンジ 2-22

真実 

第2シーズンのラスト。
遂に、エミリーは自分がアマンダだとジャックに伝えた。遅すぎだと思うけれど、次シーズンはグレイソン家へのリベンジに、エミリーとジャックが協力していく形になるのかな。でも、コンラッドにとってジャックは邪魔なヤツだから、コンラッドに狙われないようにするには、何か策が必要になるね。

ジャックがコンラッドの罠にはまる前に、彼を救いたいとグレイソン・グローバルのビルに向かっていたエミリー。だが、ビルにたどり着く前にビルの2フロアが爆破される。ジャックは留守電を聞いていてビルにはいなかったが、デクランが爆発に巻き込まれて大けがをしてしまう。

ダニエルは、エイダンがアマンダ基金の金を動かし、ビルの爆破も彼がやったことだと憤るが、コンラッドはそれがどうしたという態度。その様子に、ダニエルは父が爆破を事前に知っていたと察し、愕然とする。
ヴィクトリアは、ダニエルからコンラッドがビルが爆破されるのを事前に知っていたと聞かされる。そのヴィクトリアに向かって、コンラッドはこう説明した。そもそもアメリコンという組織は存在しない。頭のいい投資家たちが自分たちの利益を追求するために、儲かる仕事を作り出した。飛行機事故が起これば、安全対策関連の会社の株価が上がる。今度の爆破でもすでに会社の株価が3倍になったと。
その話を聞いたヴィクトリアは、腹の底からコンラッドを憎んだ様子。

爆破の容疑者として逮捕されたエイダンだったが、すぐに釈放され、新たにノーランが真犯人として逮捕されてしまう。逮捕されたノーランは、パドマが「ノーランこそがアメリコン」だと証言する録画を見せられる。パドマは脅されたのだろう。

デクランは、死んでしまった。コンラッドへの憎しみに燃えるジャックは、知事選に勝利したコンラッドの祝賀会場に忍び込んだ。コンラッドに銃を向けるジャックの前に、エミリーが現れる。私をよく見てというエミリー。ジャックの脳裏に、幼いアマンダが浮かんでくる。そのジャックに向かってエミリーはいった。「私がアマンダ」

ダニエルとエイダンは、お互いに怪我をしただけだと思うけれど、銃を見つけたダニエルは、エミリーのことを疑うだろうな。
デクランが死んで、シャーロットが妊娠するという設定は、何か理由があるのかな。でも、学生の身。妊娠するという発想が安易すぎる気がする。
ヴィクトリアも、ある意味で被害者かも。コンラッドがあんな人間じゃなかったら、もっと平穏に暮らせただろう。次シーズンは、息子のパトリックが出てくるようだ。どういう人間なのかな?
ノーランは、釈放されるのかな。エミリーの右腕の彼がいないと、困ってしまうよね。初めてノーランを見たときは、嫌な感じだと思ったけれど、今では、すごくいいヤツになっている。なんとか釈放されてほしいもの。
それにしても、コンラッドのような人間が知事になってしまったら恐ろしいことになりそうだ。彼の最後がどう描かれるのかにも興味がある。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/19454342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2013-08-12 14:56 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de