碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

コペンハーゲン/首相の決断 第9話

防衛省が新たに購入を決めた戦闘機があまりにも高額だったため、ビアギッテは異議を唱える。しかし、専門の部署が決定したことに首を突っ込んでも大臣たちがやりづらいだけだと忠告され、その件は了承することに。
しかし、戦闘機を作った会社から防衛大臣が接待やら高価なプレゼントをもらっていたことが判明。おまけに、その戦闘機の部品の一部は、フィリップが仕事をすることになっていた会社が作っていた。ビアギッテは、マスコミから攻撃を受ける前に、フィリップに仕事をやめてもらうように頼む。
納得のいかないフィリップは、TV1のインタビューで、夫の方からやめるといってきたと嘘をつくビアギッテの発言に堪忍袋の緒が切れ、家を出ることを決意する。

カトリーネは、ビアギッテにプライベートな質問はしないという約束を破って、フィリップの件を聞いたけれど、彼女のいっていることは正しいよね。罷免されるべきだった防衛大臣はそのままで、大臣のせいでフィリップは仕事ができなくなったわけで。
ビアギッテは、透明性を強調していたけれど、夫は戦闘機とは無関係だとキッパリいえばよかったと思う。そういう考えは甘すぎかな?でも、こんなことをいっていたら、フィリップはどこの会社にも入れないのでは?
ビアギッテは、内閣の評判も世間の目も気にし過ぎだね。自分の内閣を守るために夫を犠牲にしたわけで。夫からいってきたと嘘をついたビアギッテも嫌だな。
カスパーの父のことは、カトリーネにも理解できたようだ。謹慎処分のカトリーネ、でも、ただお休みはしていないだろうな。
by mint-de | 2013-09-05 14:19 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/19602595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。