ワンス・アポン・ア・タイム 第4話

魔法の代償

<おとぎの世界>
今回はシンデレラのお話だが、シンデレラに魔法をかけたのが闇の魔力の持ち主ルンペルシュティルツキンだったので、王子様と結婚できたもののシンデレラが苦悩するという話。
みじめな生活から抜け出したいシンデレラは、ルンペルシュティルツキンと契約を交わして、魔法をかけてもらう。美しく変身したシンデレラはトマス王子と出会い、結婚。妊娠したものの、ルンペルシュティルツキンは、お腹の子どもを渡すのが取引条件だという。
シンデレラは、王子に事情を話しチャーミング王子らの協力もあって、ルンペルシュティルツキンを捕らえることに成功する。しかし、ルンペルシュティルツキンは囚われの身のまま、魔力でトマスを消してしまった。
魔法でハッピーになれても、お返しにはそれ相当の対価を払わなければならないという怖~いお話。

<ストーリーブルック>
エマは、ルビーの店でアシュリー(シンデレラ)と会う。彼女は妊娠していたが周囲からは育てるのは無理だといわれていた。経験者のエマは、自分で育てたいと思ったらそうするべきだと励ます。
その後、エマのもとへゴールド(ルンペルシュティルツキン)がやってくる。
アシュリーが店に押し入って大切なものを盗んでいったので、捜してほしいというのだ。警察沙汰にしたくないので、エマは彼女を捜すことに。
エマは知らなかったが、アシュリーはゴールドにお金を払って子どもを渡す契約をしていた。自分で育てることを決意したアシュリーは、その契約書を盗んで町を出ようとしていたのだ。そのアシュリーは、車の事故を起こして産気づいてしまう。アシュリーを見つけたエマは、そのまま病院へ。
アシュリーは無事に女の子を産んだ。父親に反対されて別れたショーン(トマス王子)だったが、彼も病院にやってきて、一緒に子どもを育てることに。
ここまではおとぎの世界とは違ってハッピーエンド。しかし、病院に現れたゴールドは、エマと取引することでアシュリーの子どもは諦めるという。内容もわからずに約束したエマ。ゴールドの狙いは何?

保安官のグレアムは、エマに保安官代理の仕事をしないかと誘う。OKしたエマ。しかしグレアムは、レジーナと寝ている関係だった。エマを誘ったのは、グレアムだけの考えだったのだろうか?
グレアムとレジーナは全然合わない気がするけれどね。
そして、エマだけが町から出ることができるというヘンリーの話は本当なのか?
二つの世界が描かれて、それぞれの話がリンクする展開って、ちょっと「LOST」を連想するな。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/19802785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2013-10-11 14:13 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de