碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ヴェラ~信念の女警部~ 3-2

ねじれた運命

今回の事件は、犯人の目的がなかなか分からず、1話より面白く観た。
人違いで殺されてしまったリジーは気の毒。犯人は、それでもひるまずコリーンを殺したのだから、相当の殺意があったということになる。
夫が不倫をしていて、夫よりコリーンに殺意を抱いた妻。不倫の代償というにはあまりにも悲惨な結末だった。
今回は、ジョーが新米の頃のエピソードも。
最初に事件の容疑者として浮かんだのが、ジョーが以前逮捕したことがあるドランという男だった。
ドランは、刑務所からジョーに手紙を送っていた。その話をヴェラにしたものの、内容には触れないジョー。
ドランは傷害罪だったが、最初に殴ってきたのは相手側だった。妻子と別れてしまったドランは、そのことをちゃんとジョーに伝えたかったのだ。
ジョーは、その手紙をずっと持っていた。後悔の念とともに。
ジョーは、その話を妻にして慰めてもらう。
ヴェラは、うたた寝をしたジョーのポケットからその手紙をとり一読すると、手紙を燃やしてその灰を封筒に入れ、またジョーのポケットに入れた。
それは、手紙のことは忘れなさい、でも、今後は間違いのないように気をつけなさいという、ヴェラのメッセージなのだろう。
私は、灰を入れたというところに妙に感心したのだった。
by mint-de | 2013-10-31 15:17 | 海外ドラマ(英S~Z) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/19901620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。