THE KILLING/キリング3

シーズン3が終わった。
ルンドの「最後の事件」となっていたので、ラストがとても気になっていたのだけれど、こういう終わり方だったんだね。
もしかして死んじゃうのかなと心配していたので、その点はよかったけれど、これじゃあ、この先が気になる。続編とか期待してしまうけれど、無理なのかな。
イミーリェが無事に戻ったのと、ルンドの相棒が死なない展開にホッ。
このドラマ、事件の捜査と政治家たちの駆け引きが交互に描かれる展開になっているけれど、今回は、政治家たちが邪魔でしょうがなかった。魅力的な人物がいなかったので、彼らが出てくるとイライラした(笑)
大企業にべったりの政治家や官僚たち。ルンドの憤りも理解できるが、もう少しうまく対処する方法もあったと思う。でも、それをせず自ら不利な立場になる。いかにもルンドらしい。
こういう終わり方にしたのは、その「サラ・ルンドらしさ」を大事にした結果なのだろう。
毎回、緊張感に満ちていて、次回が気になる展開。とんでもなく暗くて重たいドラマだったけれど、もう見られないのはとても残念!
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/20209558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2014-01-09 15:09 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de