ワンス・アポン・ア・タイム 第18話

うまやの青年

<おとぎの世界>
悪い女王が、悪くなる前のお話。
レジーナは、両親と暮らしていた。母親コーラは、魔法を使えて、娘をいいところへ嫁がせたいという願望が強く、娘を自分の意のままに繰ろうとしていた。
レジーナには、馬を世話するダニエルという恋人がいたが、彼の身分に母が満足するはずがなかったので、レジーナはなかなか打ち明けられずにいた。

ある日、レジーナは暴走する馬に乗っていた少女を助けた。少女は白雪姫だった。
白雪姫の父レオポルド王は、娘を救ってくれたレジーナに感激し、お妃にしたいという。
レジーナには、その気はなかったが母親が承諾してしまう。レジーナは、このままではダニエルと結婚できないので、ダニエルと駆け落ちすることに。
だが、ダニエルとキスしているところを白雪姫に見られてしまう。ショックを受けている白雪姫に、レジーナは説明する。自分はダニエルを愛していて、真実の愛は魔法よりも強い。だから、誰にもいわないで秘密にしておいてほしいと。レジーナの言葉に納得した白雪姫は、ダニエルと一緒になるべきだと考え、秘密を守ると約束する。

しかし、レジーナの母に会った白雪姫は、レジーナのことを心配する母の気持ちに同情して、ダニエルという恋人の存在を教えてしまう。レジーナとダニエルが小屋から出て行こうとしたとき、母親が現れる。
レジーナを妃にさせたい母親は、なんとダニエルの心臓を取りだしてつぶしてしまう!(これは母親譲りの特技だったんだね)
ダニエルを失ったレジーナは、王と結婚することに。そして、母親が知ったのは、白雪姫が約束を破ったからだとわかったのだった。

やっと、レジーナの秘密がわかった。でも、白雪姫はレジーナの幸せを願って話したこと。悪いのは母親なのだから、それで白雪姫を恨むのは筋違い。それに白雪姫が話さなくとも、どっちみち魔法で邪魔されたんじゃないだろうか。コーラは、その後どうしたんだろう?

<ストーリーブルック>
メアリー・マーガレットが、はめられたのは、レジーナとゴールドの策略だった。
ゴールドは、自分が暴行罪で刑務所に入りたくないばかりに、レジーナと取引をすることに。
メアリー・マーガレットに罪をなすりつけ、囚われた場所に鍵を置いておけば、彼女は逃げるに決まっている。この町から逃げ出そうとした者が、どうなるかはわかっている。そうしたら、「白雪姫に復讐ができますよ、陛下」ということで、レジーナは、その話にのったのだ。
しかし、メアリー・マーガレットは一度は逃げたものの戻ったので、レジーナたちの計画通りにはいかなくなった。

エマは、メアリー・マーガレットを助ける術もなく困っていたが、オーガストの行き詰まったときは、元に戻って考えるという言葉にヒントをもらい、トール橋の箱の発見場所へ。そこで、スコップのかけらを見つける。そのスコップはレジーナのものだと確信して、彼女の家へ。そして、かけたスコップを見つけたが、翌日令状をもっていくと、そのかけたスコップはなくなっていた。

オーガストがレジーナに教えたと思っていたエマだったが、それはシドニーだった。
シドニーが持ってきた花束に、盗聴器が仕込まれていたことにエマは、気付いたのだ。

万策尽きたと思っていたエマだったが、すべてが解決する事態が起きた。
キャスリンが見つかったのだ!

ゴールドの魔法で、キャスリンが現れた?
檻に入りたくないといっていたゴールドだけど、レジーナよりエマに味方する気になったのかな?
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/20271251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2014-01-24 15:08 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de