ワンス・アポン・ア・タイム 第22話(最終話)

魔法のない国

<おとぎの世界>
捕らえられていたチャーミング王子は、狩人の助けもあって、脱出に成功。しかし、無限の森から出られないでいると、ルンペルシュティルツキンが現れる。
王子が母から貰った指輪を取り上げたルンペルシュティルツキンは、森からだしてやる代わりに、「真実の愛の魔法」が入った瓶を隠してきてほしいという。何よりも強い魔法を、安全な場所に置いておきたいのだそう。
その場所は、なんとドラゴンの腹の中だった!

王子は、マレフィセントという魔女のもとへ。その魔女がドラゴンに変わると、王子は剣をもって戦い、見事、瓶をドラゴンの口の中に入れることができた。
王子が戻ると、ルンペルシュティルツキンは指輪(白雪姫に近づくと明るく輝くように魔法をかけた)を返す。
その指輪に導かれて、王子は白雪姫のもとへ。だが、白雪姫は毒りんごを食べた後で、棺の中だった。
王子は、白雪姫にお別れのキス。すると、白雪姫が目を覚ました!真実の愛のキス効果らしい。

ルンペルシュティルツキンは、二人の愛を応援したがり、悪い女王は邪魔したい。目的は正反対だった。
今までは、ストーリーブルックにくる前の話だったけれど、次シーズンからは、どういう展開になるのかな。

<ストーリーブルック>
ヘンリーは、意識がない状態で病院へ。心配するレジーナに、エマは食って掛かる。
ヘンリーの話をやっと信じる気になったエマは、レジーナが最後の魔法を使ってしまったというので、ヘンリーを救うために、ゴールドに助けを求める。
ゴールドは、真実の愛の魔法は、何よりも強くどんなのろいも打ち破れるので、闇ののろいを作ったときに、安全装置として契約書に一滴垂らしておいたのだという。それを起動させるのがエマの役目で、その魔法を瓶に入れて、「あるもの」のなかに置いてあるという。

エマとレジーナは、レジーナが閉じ込めていた「あるもの」のもとへ向かう。父親の剣をもって、エマは一人で地下に向かう。そこにいたのはドラゴン。一人でドラゴンと戦ったエマは、あの瓶を手に入れる。
だが、地上にでる前に、ゴールドに瓶を渡さざるを得なくなる。やっと地上にでると、ゴールドに縛られていたレジーナを発見。ゴールドは、エマを使って、魔法を取り戻したかっただけだったのだ。

レジーナのために魔法の帽子を使ってリンゴを取り戻したのに、子どもと会えないことに腹を立てたジェファーソンは、仕返しを決意。ジェファーソンがヘンリーのベッドから離れると、ヘンリーの容態が急変。
そのまま、ジェファーソンは地下へ。そして、囚われていたベルを解放して、ゴールドを訪ねて、「レジーナに閉じ込められていた」といえというのだった。

病院からの連絡を受け、エマとレジーナはヘンリーのもとへ。だが、時すでに遅し。
しかし、エマがヘンリーの額にキスをすると、ヘンリーは生き返った!
それと同時に、町ののろいが解け、皆は自分たちの記憶を取り戻したのだった。
町から出ようとしていたデヴィッドは、急いで町に戻り、メアリー・マーガレットを見つけると、「白雪」と呼びかけ二人は熱いキスをかわすのだった。

ゴールドは、ベルの来訪に驚き、レジーナによってベルが囚われていたことを知る。
ベルも記憶を取り戻し、ベルから愛しているといわれたゴールドだったが、彼は、瓶の魔法を井戸の中に入れてしまった。井戸の地下の水には、失われたものを元に戻す力があったのだ。彼は、町に魔法をかけたかったのだ。真実の愛の魔法で、何をしたいのかな?

井戸からは、紫色の煙がわき上がり、その煙は町中に広がっていった。

ゴールドは、再び愛を手に入れたのに、魔法を手放したくはなかったようだ。
ストーリーブルックが魔法の町になったら、なんだかややこしくなりそう。オーガストは、人間に戻ったのかな。レジーナとドラゴンの関係が謎のままだね。
レジーナは、白雪姫の孫であるヘンリーを、心から愛している様子。白雪を憎んではいるけれど、レジーナの心の底には、誰かを愛したいという強い気持ちがあるのだろうね。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/20383149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2014-02-21 16:07 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de