「世界の果ての通学路」

「世界の果ての通学路」 (2012年 フランス映画 監督パスカル・プリッソン)

感動的なドキュメンタリーだ。
学校へ行くために、何時間もかけて通う子どもたち。
その姿は、実に生き生きとしている。
ケニアの兄妹は、サバンナを象やキリンの群れを避けながら、駆けるように学校へ向かう。毎日2時間の行程だ。
モロッコの少女は、友達と4時間かけて岩山の道を歩いていく。寄宿学校へ月曜日に向かい、金曜日には同じ道を家へ帰るのだ。
アルゼンチンのパタゴニアに住む兄妹は、馬に乗って学校へ向かう。1時間半の道のり、兄妹を気遣うように歩く馬にも感心する!
そして、インドのベンガル湾沿いの漁村で暮らす3人の兄弟は、歩けない兄を車いすに乗せて1時間15分かかって学校へ。この車いすが、とんでもなくオンボロ。弟2人で前後を引っ張って押していくのだが、大人だって途中で嫌になりそうなくらい道は凸凹だったりぬかるんでいたりするのだが、弟も兄も実に明るい。
感心するのは、登場する少年少女たちが、とても楽しそうに学校へ向かい、それぞれに将来の夢がちゃんとあるということ。
夢の実現のために、今、学ぶことの大切さをわかっているということだ。
日本に住む私たちから見ると、不便な環境に住む彼らだが、彼らは、その現実をしっかりと受け止め、そういう状況から希望を持って生きているのだ。
健気な彼らの数年後も、見てみたいと思った。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/20891593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2014-07-09 20:24 | シネマ(あ~そ) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de