碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ワンス・アポン・ア・タイム 2-22

フックとベルファイア

<ベルファイア>
第2シーズンの最終話。
海に落ちたベルファイアはフックの海賊船に助けられた。フックは、ベルファイアが憎きルンペルシュティルツキンの息子だと知りながらも、一方で愛した女ミラの息子だということで、その対応に迷っていた。
ベルファイアは、海賊のフックにいい印象はなかったが、ベルファイアを捜しにきた「彼」の手下たちから自分を守ってくれたことから、好感を持つようになる。
だが、ベルファイアは母の愛人がフックだったと知り、母を殺したのが父だったと知っても、家族がバラバラになった原因であるフックを許すことができず、船から降ろしてくれという。それでも、自分と家族になろうというフック。
ベルファイアは、フックの言葉が信じられなかった。フックは自分のことしか考えられない男だったからだ。そこへ、「彼」の手下たちがやってきて、ベルファイアを捕まえてしまう。引き渡さないでというベルファイアの願いを、フックは無視した。ベルファイアは手下たちに連れ去られてしまった。

ストーリーブルック
ついにグレッグとタマラは、町を消滅させる装置を起動させた。町は破壊を始める。
グレッグたちと別れたフックから事情を聞いたレジーナは、装置を元に戻すことはできないけれど、破壊の進行を遅らせることはできるという。そこで、デヴィッドとフックはタマラたちから魔法の豆を取り返し、それを使って、町が消滅する前に皆で魔法の森に逃げる策を考える。
メアリー・マーガレットたちに助けられたレジーナは、悪い女王として作った魔法を、彼女本来のレジーナとして終わらせたいと、自分を犠牲にすることを覚悟して、進行を遅らせるために装置に手をかざす。
何とか豆の一つを取り返し、皆で森へ逃げようとするが、レジーナが一緒に行かないことを知ったヘンリーが、ママも連れて行くべきだという。その意見に皆が同意して、魔法の豆を使って装置を扉の向こうにやる方法を考える。
皆は、坑道のレジーナのもとへ。だが、エマがフックから受け取った袋には、豆が入っていなかった。万事休すと思われたが、エマもレジーナと共に装置に手をかざすと、エマの魔法が効いたのか、町は破壊をとめた。元に戻ったのだ。だが、ヘンリーがいなくなっていた。グレッグたちが誘拐したのだ。
慌てて後を追ったエマたちの目の前で、ヘンリーはグレッグたちと共に、放たれた魔法の豆がつくる渦巻の向こうに吸い込まれてしまった。呆然とするエマ。
そこへ、フックの海賊船が戻ってきた。フックはいつも自分のためだけに行動してきたが、ニールがいなくなったと知り、ベルファイアを「彼」に渡してしまった後悔の念を思い出したのだ。今度は役に立ちたいと思ったらしく、エマたちとヘンリーを捜しにいってくれるという。息子がいなくなったと聞いたゴールドも、居場所を見つけるために参加することに。息子のために孫を捜したいと思ったのだ。
ブルーフェアリーの薬で記憶が戻ったベルは、町に残ることに。ゴールドは、これから町にはグレッグたちの仲間がやってくる、町を守るために彼らには見えない町にする必要がある、それをベルにやってほしいといって、その手順を書いた紙をベルに渡す。愛のキスを交わして別れる二人。

船に乗ったゴールドは魔法の地球儀で、ヘンリーの居場所を探す。そこはネバーランドだった。

ニールは、瀕死の状態でオーロラ姫たちの世界にいた。

ベルファイアを連れ去った手下たちは、彼は捜していた少年ではないという。捜している少年の似顔絵は、ヘンリーだった。そして、「彼」とは、ピーターパンだった!

ベルファイアの時代に、ヘンリーは存在していないから、ピーターパンは予言者ってこと?
最終回、レジーナもゴールドもフックも、みんな善い人になっていた。いろんな愛がテーマだから、愛に勝るものはないってことかな。
グレッグたちのボスは、ピーターパンらしい。次シーズン、悪者のピーターパンってどんな感じになるのだろう。
by mint-de | 2015-02-28 15:42 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/21593668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。