碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雨の尾瀬

d0129295_12541894.jpg

先々週、尾瀬に行ってきた。
出かける数日前の天気予報では、曇りや晴れのはずだったのに、見事に裏切られ、雨と曇りの天気。おまけに、ワタスゲの群落を期待していたのに、こちらもすでに終わっていて、何しに行ったのだという残念な旅となった。
今回は、一人旅。方向音痴の身としては、かなり不安だったのだけれど、尾瀬は、道標がちゃんとあるし木道が完備しているので、迷うほうが難しいと思った(^^)
せっかく行くからには、行きと帰りは別の道を歩きたいと思ったけれど、雨の心配と初めてで一人ということもあり、ノーマルな鳩待峠から山ノ鼻に入るルートを選択。
家をでたときはものすごい雨だったけれど、着いたときには雨は上がっていた。
鳩待峠からすぐの山道は行きが下りになっていて、石がゴロゴロ。雨でぬれていたので、ちょっと怖かった。こんなのが続くと困るなあと思ったけれど、10分くらいで終わり、あとは木道が続き、上ってくる人たちとは数分おきくらいに行き違う。
一人でずっと歩くのは心配だったけれど、今頃の尾瀬では、人がいないということはないのだとわかり安心する。中学や高校生くらいの団体が結構いた。すれ違う時に、「こんにちは」と声をかけてくれる。一人で歩いていると、そんなことでも心強くなる。
d0129295_12544872.jpg

山ノ鼻に着き、休憩してから見晴地区を目指して歩く。曇っているので、山の姿は見えずワタスゲもちょぼちょぼとあるだけ。尾瀬にきた!という感動がなく、残念。それでも、歩け歩けと自分を励ます。
d0129295_12553884.jpg

d0129295_12555257.jpg
d0129295_1256768.jpg

山小屋では、石鹸やシャンプー、歯磨き粉も使えないといわれていたので、手を洗うときは困るなと思っていたら、トイレや洗面台にはちゃんとハンドソープが置いてあった(当たり前かも)。
翌日は朝から雨。雨の中をひたすら歩いた。鳩待峠への山道を歩いているときは、雨がやんでいたので助かった。
d0129295_1258154.jpg

d0129295_12582910.jpg
d0129295_12585379.jpg

帰りは、戸倉の日帰り温泉で入浴。石鹸とシャンプーで体や髪を洗い、やっと「洗った」という気分になれ、往復約20キロ歩いた疲れもとれた気がした。
紅葉の時期に、今度は尾瀬沼の方へ行ってみたいな。
d0129295_12593078.jpg
d0129295_12594552.jpg

by mint-de | 2015-07-12 13:01 | 旅する風