碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ハナミズキの赤い実

d0129295_14202159.jpg


歩いていたら、見知らぬ人に声をかけられる。
「お話してもいいですか?」
こちらが返事をする前に、「○○教ですが、何かお困りではないですか」
それを聞いて、言葉を発するのも嫌になり、無視して通り過ぎる。
自分の態度が失礼なのはわかっているけれど、私はこういう人が大嫌い。
向こうは、こういうのが修行の一つなのだろうけれど、私には信仰心なんてまるでないし、こういう声のかけ方って不躾すぎる気がする。
昔から、こういう人に声をかけられることが多いので、家に帰ってから声をかけやすい人とはどんな人か検索してみたら(笑)、その中に「生き生きしていない人」とあって、ショックを受ける。
確かに、愛想はよくない。でもねえ、こういう顔なんですっ!
大体、道を歩いていてお話して、その宗教に興味ありますっていう人がどれくらいいるだろうか?余計なお世話だけれど、時間の無駄使いしているんじゃないかって逆に説教したくなるよ。
冷静に考えると、私が不愉快になったのは、こういう人に「カモがきた」って思われたことなのかもしれない。
楽しくてしょうがないわって顔で歩いていたら、違ったのかも…
by mint-de | 2015-10-16 14:23 | 木陰日和